2019年08月11日

ウンクル・セトナの桂の木(北海道・洞爺湖 中島)

北海道洞爺湖の湖の真ん中にある「中島」に
「ウンクル・セトナの桂の木」があります。

DSC08965.JPG

遊覧船の船着き場の辺りの水はこんなにきれい。
DSC08911.JPG

そばで見るとあまりの高さに驚きです。
DSC08921.JPG

DSC08931.JPG

DSC08922.JPG

こんな由来があるそうです。
DSC08920.JPG

洞爺湖のほとりにウンクルとセトナが住んでいました。
二人は愛し合っていましたが、
ウンクルはシャクシャインの誘いに応じて参戦し、
松前軍の銃撃にあって重傷を負ったのでした。
ウンクルはセトナのもとに戻って、
手厚い看護を受けましたが
自分の死期を悟り、彼女の留守中に
ウンクルは洞爺湖に身を投げ命を絶ったのです。
悲しみのあまりセトナも洞爺湖に入水して
彼の後を追いました。

その二人の悲しい最期を見ていたつがいのオシドリが
湖の中からウンクルの首飾りの玉と
セトナの耳環を探し出して
中島の広場に埋めました。
その翌年の春、玉と耳環から2本の桂の若芽がふいたのです。
そして2本の若木はやがて1本の幹になって成長しました。
それゆえコタンの人たちは「ウンクル・セトナの桂の木」と名付けて
縁結びのご神木として崇めるようになったのだそうです。

黄緑の鮮やかな若葉も元気いっぱいでした。
DSC08928.JPG

美しい水と空と緑。
ここに佇むと、なんだか2人の話し声が聞こえてきそうです。
DSC08970.JPG

早世した息子たちへの思いを山に託した父 ―昭和新山を購入した三松正夫氏

北海道 洞爺湖の近くにある昭和新山は
今も赤茶色の岩肌から時折、静かに白煙を上げていますが
70数年前、かつてこの地は有珠山を背景にした麦畑でした。
この山が誕生する過程を毎日観察し続け、
山の自然環境を保護しようと個人の財産を投げ打って、
山を買い取った人がいました。
北海道 壮瞥(そうべつ)郵便局の局長だった三松正夫さんです。

昭和新山を我が子のように愛し、守ろうと
正夫さんを強く駆り立てた背景には、
二人の息子さんとの悲しい別れがあったのだと
正夫さんの著書の中で知りました。
今日はその話をご紹介したいと思います。


詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
お子さんを亡くした古今東西の人々
「早世した息子たちへの思いを山に託した父」
http://www.lana-peace.com/2/2-2-031.html
http://www.lana-peace.com/2/index.html