2019年01月12日

とっても素敵な京成電鉄本線「博物館動物園駅跡」

函館の臼尻B遺跡に関する報告書を調べていた時
(遺跡の話はまた後ほど・・・)
国会図書館にも置かれていなくて、どうしようかと思ったら
なんと国立東京博物館の資料館に所蔵されていたのでした。
それも勢揃いで。すごいお宝ざくざくです。
国会図書館にもない本があるってすごい所蔵力ですね!

早速、初めて資料館に出掛けてみたところ、
上野駅から行く途中にあったのが
この「京成電鉄本線 博物館動物園駅跡」
昭和8(1933)年に竣工した建物だそうです。
DSC02268.JPG

これが日本の駅舎なのかしら?
どこかヨーロッパの伝統ある駅舎みたいだけど・・・
と首をひねってしまいそうなほどとっても素敵な建物。
DSC02271.JPG

DSC02271a.JPG

DSC02271b.JPG

かつて3方に空いた出入り口には6灯の壁付照明器具があったそうですが、
第二次世界大戦の金属供出で取り外されてしまったそうです。
そしてこちら、平成22(2010)年に復元された1灯です。
DSC02271c.JPG

平成の時代はやっぱり平和だ。

こちらの駅跡のそばに国際子ども図書館の近くにあったのですが
旧帝国図書館を利用したこの建物も明治39(1906)年に建設され、
昭和4(1929)年に増築されたのだそうです。
図書館とは思えないほど、こちらも素敵。
駅の雰囲気にも共通しています。
DSC02263.JPG

明治から昭和初期の建築って現代のビルよりも、
何とも言えないしみじみとした趣きがあるなあって思いました。
posted by Lana-Peace at 09:33| □ アート いろいろ (街の中)