2018年10月21日

山本達彦氏40周年コンサート「TATSUHIKO YAMAMOTO 40TH ANNIVERSARY CONCERT !! Life In Music」(六本木)

2018/10/20、六本木の「EX THEATER ROPPONGI」で開催された
山本達彦さんの40周年記念コンサートに行ってきました。
DSC09518.JPG

会場入口には山本さんの歌の作詞を多く手掛けらてきた
作詞家の松井五郎さん、吉元由美さんからのお花がありました!
DSC09521.JPG

開演前のステージはこんな感じ。
DSC09523.JPG

とても音の響きが良く、照明が美しい会場でした。

そして山本さんの歌声とグランドピアノの演奏は
いつもにも増して一層艶やかで
そして大人の色香漂う素敵な時間でした!

当日の山本さんは照明のせいか座席からは
ブルーグレーに見えるスーツに
白のシャツ、ポケットチーフで
黒の靴は山本さんがリズムを刻んだり、ピアノのペダルを踏むたび
キラキラとライトを反射してそれもまたきれい。


当日のバンドメンバーは伊藤ハルトシさん(g,vc),
青柳誠さん(p,key), 戸川智章さん(b),
江野尻知宏さん(ds), 本田雅人さん(sax)。

一流のアーティストぞろいでみなさんソロパートの部分も
もっとじっくり聞きたいなーって感嘆するような演奏でした。

いつものマンダラのライブやTrioのライブに参加されていた
戸川さんと江野尻さんは最初の紹介の挨拶の時の表情が
結構よく見えたのだけれど、お二人とも90度近く
深々といつもより長めにお辞儀されていました。
その表情はどちらもこのステージに立つことを
誇らしく思っていらっしゃる、そんな感じ。

山本さんはコンサート当日の朝
これまでの軌跡を振り返って
40年やっていて本当に良かったな、って思ったそうです。
デビューされて最初の頃は
自分の路線をどうするか
悶々とした日々が続いたそうですが
いただいた仕事はなるべく断らないで
トークが苦手でもFM東京のDJに挑戦したり
とお話されていました。
当時、日石サウンド・ステーションから流れてきた
山本さんの声はそんな苦手意識があるようには
感じられなくて、とても爽やかだったけど。

そして曲をゼロから作り出す産みの苦しみは感じていて
毎日、作れなかったらどうしようと緊張していたそうですが
曲ができると「一歩越えられたな」って
自分の限界を越えたような気がして、
最高の喜びだと語っていらっしゃいました。

また山本さんの寡黙なお父様は、山本さんの新しいアルバムが出て
コンサートをする時はお勤め先の方たちによろしく、と宣伝したり
どんなに小さくても山本さんの取材記事を見つけて
執筆されていた雑誌の連載記事も切り抜いて
スクラップ帳に貼っていたそうです。

一芸に達してほしい、そう願ってつけられた「達彦」というお名前
そのお名前通りの活躍をされるご子息に
お父様は嬉しさでいっぱいだったことでしょう。

山本さんは「健康と気力があれば、まだまだできるかな?
皆さんの顔を思い浮かべながらこれからも勤しんでいきたい」と
お話されていました。
今年御年64才ですが、若い時とは違った
大人の魅力いっぱいで輝いていました。

そして「なぜかわからないけど
今日は特に感無量。
年齢のこともあるのかわからないけど
ファンになんと感謝していいかわからない。
音楽で精一杯(感謝の気持ちを表そうと)やった」
とおっしゃってました。
「いろいろあったけど自分も乗り越えて
それなりの現実も自分の中で受け止めて音楽を作ってきた。
若い頃いろいろ経験したことがいろいろ良かった。」
一言一言に歴史があるんだよなあ。。。

印象になった曲をいくつか。

「前奏曲」は伊藤さんのチェロがもう切なすぎて
今回の「ラストグッバイ」のアレンジは
とっても素敵なしっとりしたテイストで
それぞれのミュージシャンの良さがよくでていて
江野尻さんの刻む控えめなビートをバックに
最後に山本さんのハミングに本田さんの
応えるようなサックスは、ああもう名曲中の名曲だなあ。

そう言えば今回戸川さんのウッドベースがなかったのは
ちょっと残念だったけど、でも戸川さん、
コンサートの間、かなり笑顔が多くて
「Swingin' in the rain」のベースはとっても良かった。

「Le Mistral」では青柳さんのキーボードが
山本さんの歌声と掛け合いみたいですごく光っていた。

「哀しみのテレグラム」では
本田さんのサックスの音色とコーラスの声質が
こんなに山本さんに合うとは驚きでした。

「夜のピアノ」は
「人生、こんな風に歩んでみたい、こう歩むべきだ、
そう思って20代の幼い自分ながらに感じて作った曲」と紹介され

先月発売になった新しいアルバム「One Step Ahead」の中から
歌われた「One Step Ahead」は
ピアノを弾かないで椅子に座ったまま
ジェスチャー交じりでリラックスした感じで
歌っていらっしゃいました。
「うまくいかなくても 
 なにもできなくても
 すべてがそれで終わりじゃない。
 運命はどうにでもなるはずだろう。」で始まる松井五郎さんの歌詞。
なんだか山本さんに人生相談聞いてもらっているみたいでした。

「派手な曲じゃないけど前に進んでいるような気がして……」
とご自身で紹介されて始まった「From The Night」は
イントロの時に
「One step Ahead 毎日地道に僕は生きていこうと思っています!」と。
そして別の曲の時にも
「今ある自分だけでなく一皮も二皮も剥けていけばいいな」
ともおっしゃっていました。

山本さんはこの日に向けて1年間頑張ってきたそうで
「ぼくにとってメモリアルな1日が出来ました。」と
嬉しそうにしみじみ語っていたけど、
私も嬉しかったなあ。
だって6年前のこの日は手術のために入院した日だったから。
あの時はもう初めてのことで気持ちはおろおろして
これからどうなるんだろうって、もうその日1日を過ごすのが
精一杯だったけれど
6年後の10月20日にこんな素敵な時間に充たされているとは
想像すらしていなかった。
「One step Ahead」の松井さんの歌詞の最後はこう結んでいます。
「運命を出し抜け!!それでいいのさ!!」
まさにそうだなって山本さんの歌声を聴きながら
実感しました。

私にとってもメモリアルな1日になって
とっても嬉しかったな。

六本木駅までの帰り道、突然の雨に降られちゃったけど
だけどとっても素敵な波動に包まれた時間のなかで
すごく癒された時間でした。


山本さんがこれから一歩ずつ進み究めていかれる音楽の道に
これからも幸せがいっぱいありますように。
posted by Lana-Peace at 22:23| アート / 歴史 音楽