2018年05月14日

「月の松」(東京上野 清水観音堂)

東京 上野 東叡山寛永寺の清水観音堂の西側(不忍池方向)に
美しい松がありました。「月の松」です。

DSC01414.JPG

こちらは安政3(1856)年、魚栄より刊行された歌川広重の
「名所江戸百景」の「上野清水堂不忍ノ池」にも登場する松。
看板がありました。
DSC01418.JPG

現存の松は安政の頃の松ではなくて
明治初期の台風被害でしばらくなかった後、
平成24(2012)年に復元されたものだそうです。
素晴らしい曲線を描いて円を成しています。

DSC01415.JPG

不忍池側から見るとちょうど円の向こう側に
観音堂の銅鑼が見えます。
本尊の千手観世音菩薩様はその奥。

完成に到るまでの間の年月と造園職人さんの
見事な腕前は本当にすごい傑作を生みだすものですね。

そして本堂側から見る月の松は
まるで円窓から庭を眺めているようです。
DSC01419.JPG

月の松越しに見る西方浄土。
何もない空間を円で囲まれると
途端に円の向こうが別世界のように思えてくるから
何とも不思議です。

随所に日本的な和の粋な計らいが感じられる「月の松」。
海外では盆栽ブームと言われるけれど、
上野を訪れる海外観光客は「月の松」をどんなふうに見るのだろう。
posted by Lana-Peace at 18:20| □ アート いろいろ (日本の庭園)

貝塚はこの世と神の国、死後の世界を結ぶ神聖な場所だったのでは? ――河野広道先生の論文「貝塚人骨の謎とアイヌのイオマンテ」(『人類学雜誌』50(4))を読んで考えたこと

昨年10月、千葉県の飛ノ台貝塚から出土した人骨に関して
こちらのエッセイで取り上げたのですが
その後もどうしても解せない部分がありました。
貝塚は当時のゴミ捨て場として利用された跡だと私は理解していたからです。
そのような場所になぜ人骨が…?
何だかもやもやした気分だったのですが、
その後ある論文の存在を知りました。
昭和10(1935)年、人類学雑誌に発表された河野広道先生の
「貝塚人骨の謎とアイヌのイオマンテ」です。

現在はWEB上、無料で論文を拝読することが可能です。
河野広道(1935)「貝塚人骨の謎とアイヌのイオマンテ」『人類学雜誌』50(4), pp.151-160


昆虫学を収めた河野先生ですが
尊父は道史編纂の初代編纂主任を務めた河野常吉氏であり
恐らく幼い頃より北海道の考古学、歴史、
アイヌ文化などへの造詣は深かったのでしょう。
その後、研究分野は考古学領域へと広がり
北海道での遺跡、貝塚の調査に多く携わられた河野先生は
少なくとも北海道の貝塚から出土する人骨は
丁寧に埋葬された場合が多いという事実から
アイヌの思想、習俗を鑑みて
貝塚に埋葬された人骨は遺棄されたものではなく
「イオマンテ」として送られたものだと考えられたのです。
今では熊の霊を神の国へ返すものとして知られていますが
河野先生によると食料とした動物、鳥、魚介類のうち食べられなかったところの他
生活に必要な猟の道具、武具、農耕具、その他食器等で不用となったもの、
壊れたものなども「送り」の対象として祭壇のそばにまとめられたそうです。
炉の灰さえも多量になると、まとめて一箇所にして神と人間との間を取り持つ
イナウを立てておくという徹底ぶりでした。
すべてのものに神を見出し、
すべてのものに感謝する、そういう思想ですね。


貝塚はこの世と神の国、あるいは死後の世界とをつなぐ
実に神聖な場所だったのだろうと思います。
そして貝塚に葬られた人骨は「送られる」人への
思いがとてもこもった証だと思いました。
故人を大切に悼む思いが今に伝わる場所、それが貝塚なのかもしれません。

詳しくはこちらに書きました。


Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考えるグリーフケア
飛ノ台貝塚 抱き合った男女の人骨(複製)
(飛ノ台史跡公園博物館蔵)
http://www.lana-peace.com/2/2-4-039.html
改変 2018/5/14, 初出 2017/10/12
posted by Lana-Peace at 13:18| ☆ 歴史から考えるグリーフケア

テンジクネズミ

今日はテンジクネズミ(モルモット)のご紹介。
ふわふわの毛、くるくるの目、かわいいなー。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」てんじくねずみ(もるもっと)1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/tenjikunezumi-1.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」てんじくねずみ(もるもっと)2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/tenjikunezumi-2.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 10:08| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫