2017年09月29日

「今日はついてるなあ」を探すママ

お子さんが入院している時、医師からの説明、
決して嬉しいニュースばかりではありません。
そういう時、どうすれば良いのでしょうね。


あるお母様は日々の時間の流れの中で
「今日はついてるなあ」って思うことを
見つけるんですって。

なんだか、じーんとしました。

どんなニュースが聞かされても
それはお子さんの医学的なある一点を
説明しているにすぎないものね。

お子さんは、その一点だけで現わされるものではなくて
ママと一緒の時間に見せるいろんな姿も
それもお子さんの大事な一点だものね。

お子さんのすべてはレントゲンや採血データや
モニタリングで現わされているわけではないものね。

お子さんが笑ってくれた。
お子さんと一緒に絵本が読めた。
お子さんが声を出して歌うことができた。

たとえ病状は重くても、今日は起きていて
面会時間、ベッドサイドで笑顔を見せてくれた。

ああ、ついているなあ。ラッキーだなあ。


そんな風に思えると
見える世界の色は変わってくるのかもしれない。

医師の説明の後、お子さんの横で
どーんと落ち込んで、ぼんやり過ごす1時間
あるいは「今日はついてるなあ」を探しながら過ごす1時間。


無理に気持ちを矯正する必要はないけれど
大雨の心の中に、小さな光を見つけて過ごすことは、
とても、とても大事なことだと思いました。



神様、どうかあのご家族に
もっともっとたくさんの
「ついてるなあ」をもたらしてくださいますように…

ナミテントウ(テントウムシ)

黒の身体にオレンジの水玉の「ナミテントウ」がやってきて
あじさいのはっぱやお花の上をあちこちお散歩。
かわいいね。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」なみてんとう(てんとうむし)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-211.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月28日

「イワフジ」「キンモクセイ」

今日は美しい花をつける木のご紹介。
イワフジとキンモクセイです。
イワフジの淡いピンクはとてもかれんです。
そして風に乗って届くキンモクセイの香りは
9月だなーって感じですね。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」いわふじ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-354.html
「いっしょにあそぼ き」きんもくせい
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-355.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月27日

ボウシテナガザル

手がとっても長いボウシテナガザル
枝にぶら下がって、反動をつけて前に進むんですって。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」ぼうしてながざる
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/boushi-t.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月26日

フサホロホロチョウ

フサホロホロチョウは
まるで青い洋服に
白い縞と水玉模様のコートをきているみたい。
飛ぶことは苦手だけど
走るのは得意なんだって。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」ふさほろほろちょう
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-253.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月25日

不安と辛さの向こうに待つ笑顔

朗らかで、にこやかで、爽やかで
とても素敵な印象のお母様。

でもしばらくお話を伺った後、
堰を切ったようにこぼれ落ちた涙は
彼女の心の奥底に押しこめていた
辛い気持ちの現われでした。

それだけ辛かったのだものね。
できるだけ周りに心配かけたくなくて
ずっと隠してきた気持ちだものね。

さっきまでの笑顔がすっかり消されてしまうほど
涙されていたお母様。


でも、先日「こんにちはー」って声をかけてくれたお母様は
清々しい笑顔でいっぱいでした。

お子さんの治療、新しく取り組み始めて数日
自分の中でいろんな不安や迷いや怖さが
だんだん取り払われて、
何か一つ、突き抜けたような
そんな印象を受けました。

あなたの決意とあなたの勇気が
お子さんの命をこれから支えていくよ。
山あり谷あり。
でも、少しずつ良くなっていくお子さんの力を
信じてあげよう!

ぺこりと身体を折ってエレベーターに向かわれた彼女の姿が
とても凛々しく見えました。

どうか彼女とお子さんとご主人に
幸せなことがいっぱいありますように…!

「ヒガンバナ」「アガパンサス」「インドハマユウ」

今日はヒガンバナ科のお花のご紹介。
赤と白のヒガンバナと
淡い紫色のアガパンサスと
白とピンク色のインドハマユウです。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ひがんばな(あか)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/higanbana2.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ひがんばな(しろ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/higanbana3.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あがぱんさす 
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/agapansasu.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」いんどはまゆう(しろ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/indo-h-w.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」いんどはまゆう(ぴんく)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/indo-h-p.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月22日

自分が立ち返る場所

お子さんが思いもかけない病気と診断され
入院が長期にわたり、
様々な治療が行われる中
これからどうなるんだろうって親御さんは不安でいっぱいですね。

あるお父様、こうおっしゃっていました。
「その時考えられる自分の、最大の決断をしてきた」
決断するとともに、最大限頑張って、努力してきたんですって。

だから過去を振り返っても
ああすれば良かった…って後悔することはないのだと。
その決断の時に揺るがない信念があるんですって。
「自分が家族を守る」っていうこと。
そこがすべての出発点で、
それに対して自分は何ができるか、って考えるんですって。

気骨あるお父様の言葉
しみじみ、すごいなーって思いました。

こういうお父様と一緒だったら
これからどんなに大変な時期でも
お子さんは一緒に頑張っていけるね。

新しい治療、きっとうまくいく、いく!

飛行機から見た空と町

飛行機から見る地上の世界、視点が変わると
いろんな場所で、いろんな人の生活があるんだなあって
しみじみ思います。
人はいろんな場所で生きていけるね。
そして空から見る町もきれいだし。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ そら」かんこくへとぶひこうきのそら(ひる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/sora/sora-70.html
「いっしょにあそぼ そら」かんこくへとぶひこうきのそら(よる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/sora/sora-69.html
「いっしょにあそぼ そら」にっぽんへとぶひこうきのそら (ゆうがた)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/sora/sora-68.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月21日

「カガミチョウチョウウオ」「カモハラギンポ」

今日は黒と白の美しいお魚のご紹介。
カガミチョウチョウウオとカモハラギンポです。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」かがみちょうちょううお 
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-378.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」かもはらぎんぽ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-404.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月20日

気持ちの舵取りは自分自身

たとえどういう状況であっても
これから先のことは誰にもわからない。

だけど、お子さんがどんな時であっても
足元をとらわれることなく
気持ちを切り替えて
新しい目標を持って進もうとするお母様。
お子さんもどれほど心強いことだろう。


彼女のそういう健気な姿と言葉に
じーんとしました。

気持ちは周りから強制的に変えられるものではなくて
自分で変えていくものだものね。

それだけは、自分自身が舵取りできるものだものね。

現世・来世の安穏・極楽が願われた江ノ島弁財天道標(神奈川県藤沢市)

江ノ島電鉄江ノ島駅から江ノ島に向かって湘南すばな通りを直進すると
海に向かうまでの途中右側に江ノ島弁財天道標があります。
解説板によると管鍼術を江の島で考案した杉山検校が
寄進したと伝えられる道標のうちの一つだそうで
現在の位置から170m南の洲鼻通り地下から
平成11(1999)年1月の道路工事中に発見されたのだそうです。

弁財天を表す梵字の下に「ゑのしま道」
右側面に「一切衆生」

DSC00481.JPG

左側面に「二世安楽」と彫られています。

DSC00432.JPG

こちら江の島弁財天への道をたどる
すべての人の現世・来世での
安穏・極楽への願いが込められたものだそうです。

過去は変えられないけれど、今、未来は変えられるものね。
それが安らかで穏やかで楽しいものであれば
尚、良いけれど!

自分のため、じゃなくて
自分も、自分以外の人もそういうご利益が得られるようにと
願いがこめられて寄進されたのだと思うと
とても、ありがたいものだなあと思う今日この頃。

チベットモンキー

チベットモンキーは
口の中の頬袋に食べ物を入れて
安全な所で食べるんですって。賢いなあ。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」ちべっともんきー 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/t-monkye1.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」ちべっともんきー 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/t-monkye2.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月19日

800年前と現代が同居する空間

鶴岡八幡宮の境内に入る手前、
鎌倉紅谷 鎌倉八幡宮前本店の隣のビルM's Ark Kamakura1階に
800年前の遺構が保存展示されています。
ビル建設時に出土発掘された『北条小町邸跡』の
一部が保存されたものだそうです。

DSC00741.JPG

DSC00745.JPG

@ごみ穴
陶器のかけらや骨などの生活ごみが発見された場所。
A柱穴
住居の柱、溝護岸を支えた柱の穴。
B溝護岸土台材
若宮大路と住居土台を支えたもの。
C溝護岸羽目板
D鎌倉時代前期の若宮大路道路面

自分の立っている下に800年前の人の生活が感じられる
とても不思議な空間です。
侍気分のお店の方は、遺構や鎌倉の歴史について
とても詳しい方でした!

羽をけがしているのに元気なセミ

羽をけがしても、げんきなせみ。
30階くらいの建物のベランダまでとんできたよ!
すごい力だね。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」はねをけがしているのにげんきなせみ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-214.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月18日

エンゼル形文字板回転置時計(松本市時計博物館蔵)

19世紀、ドイツで作られた置時計が
松本市時計博物館にありました。
天使が抱える大きな矢の先が、
巡る回転時計の文字板をを示しています。
無垢な表情の天使。
こどもを亡くし、時が止まったように感じる親御さんに、
再び時の刻みを意識させてくれるような気がした時計でした。

詳しくはこちらに書きました。


Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考えるグリーフケア
「エンゼル形文字板回転置時計
 (松本市時計博物館蔵)」
http://www.lana-peace.com/2/2-4-034.html

亡くなったこどもの昂揚感を受け継ぐこと

夢半ばにして旅立ってしまったお子さんのことを考えると
どうして? どうして?
答えの見つからない疑問が頭の中を埋め尽くして
一日をぼーっと過ごしてしまうこと
あるかもしれません。
そういう時間が重なると
親御さんは自分の身体と心を保つための事柄が
疎かになってしまいがちです。
食べたり、休んだり、眠ったり、出かけたり、身体を動かしたり
今迄は意識しなくても、普通に行っていた事柄が
ちゃんとできなくなってしまう。

でも、そういうモードになっている時
親御さんにお子さんはこう声をかけたいと思うのです。
「自分を大切にしてほしい」

どうやって?
大切にするって、どういうこと?

それは人それぞれだろうけれど、
心充たされる瞬間を作っていくことが
「自分を大切にすること」なのだろうと思います。
そうした瞬間を重ねていくことが
とても大切なのだと思います。

夢半ばにして、道半ばにして…
そういう悔しさでいっぱいになった時
思い出してほしいことがあるのです。

あなたのお子さんが当時夢を抱いていた頃の昂揚感を
受け継げるのは、あなたしかいないということを。

別にお子さんと同じことをしてほしいと
言っているわけではありません。
お子さんの胸の内にあった昂揚感を
親御さんそれぞれのやり方で、それぞれの形で
絶やさず受け継いでいけば
良いと思うのです。

無気力になって落ち込んで、
何もしたくない、何も始めたくない、
どこにも出かけたくない、誰にも会いたくない、
もちろんそういう時期は大切だし、必要ではあるけれど
それを何年もこの先、続かせるべきではないと思います。

それはお子さんの昂揚感の炎を
あなたが小さくして、
あなたが消し去ってしまうことに
つながるかもしれないから。

あなたのことをお子さんは必ず見守っています。
もう一度、生活を立て直そうと思っているあなたのことを。

先日、お目にかかったお母様のお話を伺って
そのように感じました。
どうかご自分のこと、大事にしてください……。

湘南モノレール

神奈川県の湘南モノレールのご紹介です。

標高差が様々な地形を走るモノレールは
時にバスよりも高く上を走ったり、
地上に降りてトンネルの中を走ったり、
とっても楽しいよ!
一緒に乗った気分になれるといいね。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(そら・みず)しょうなんものれーる 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/mono-s1.html
「いっしょにあそぼ のりもの(そら・みず)しょうなんものれーる 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/mono-s2.html
「いっしょにあそぼ のりもの(そら・みず)しょうなんものれーる 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/mono-s3.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月15日

ハス 鎌倉 鶴岡八幡宮源平池(紅・白)と鎌倉 大巧寺(巨池の炎)

蓮の花がすっと水面から
茎を空に向かって真っすぐ伸ばして
大きな花をつけている様子は
実に清々しくて、美しいですね。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」はす(しろ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/hasu-heikeike2017-1.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」はす(ぴんく)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/hasu-genjiike2017-2.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」はす(おぐらのほのお) 
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/hasu-daigyoji1.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月14日

「バンディットエンゼルフィッシュ」「シコクスズメダイ」

今日は黒と白の美しいお魚のご紹介。
バンディットエンゼルフィッシュとシコクスズメダイです。
すいすい泳ぐ姿は、元気いっぱいです。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」ばんでぃっとえんぜるふぃっしゅ 
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-400.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」しこくすずめだい
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-403.html 
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月13日

湘南モノレール 500形車両 運転操作疑似台(神奈川県藤沢市ー鎌倉市)

神奈川県藤沢市と鎌倉市を走る湘南モノレール。
こちら、湘南江の島駅の券売機の横にあるコインロッカーのお隣に
モノレール500形車両の運転操作疑似台がありました。

DSC00424.JPG

昭和63年、可能な限りノイズをカットされて登場した車両だそうです。

DSC00421.JPG

そして運転台の前には運転した時に見える
湘南モノレール沿線の風景が映像として出されます。

DSC00417.JPG

こちら1往復30分、場所の名前も書いてあるので、
初めての運転トライでも楽しいですね!

台の向かって左側にある黒い丸が付いているハンドルは
マスターコントローラー。

DSC00420.JPG

こちら4段階に速度調節できるそうです。
また電車の前進・後進の切り替えも行うことができます。

台の向かって右側にあるのはブレーキ弁。
電車のブレーキをかけるためのもの。

DSC00420b.JPG

空気の力で車輪の回転を止めるそうです。
ブレーキ弁ハンドルを右側へ回す(手前に引く)ほど
ブレーキの力が強くなるそうです。

無料で楽しめる場所。
お得な1日券(大人600円・こども300円)を買って
湘南モノレール沿線の乗車を、何度もエンジョイして
疑似運転もできたら、もうきっとこどもは
わくわくですね。
江ノ島お出かけの際は、お勧めです!

ヤマモモ

ヤマモモの実って
遠くから見たら砂糖がついたグミみたいですね。
かわいいね。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ くだもの・やさい」やまもも
http://www.keiko-cafe.com/asobo/kudamonoyasai/kudamono-56.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月12日

野菜がとてもおいしいPARIYA(東京・青山)

野菜がおいしく、たくさん食べられて
リーズナブルのお値段のお店があるといいなあ〜と思っていたら
お料理上手で、とってもセンス豊かなSさんから
お勧めいただいたお店がありました。
東京 青山の「PARIYA」です。

そこで先週土曜日、行ってみました。
最寄駅はメトロ表参道駅 B2出口から歩いて数分の場所。

DSC01434.JPG

DSC01432.JPG

お昼時に訪れたら、すでに長蛇の列。
その日は久々、東京に夏らしい陽射しの戻った日でしたが
屋外で待つこと30分。

中は右手がカウンターになっていて
メインとサラダとサイドを
自分でいろいろ好きなように組み合わせることができます。
5種類ある中から選ぶけれども、
どれもおいしそうで、困る困る。

DSC01433.JPG

そしてドリンクはフリードリンクです。

私が当日選んでみたのはこちら!
玄米セット¥1,200也。
DSC01426.JPG

・海南チキン ジンジャーソース&スィートチリソース
DSC01428.JPG

・クレソンとレッドキャベツのサラダ 
 〜クルミとベーコンのクランチードレッシング
DSC01430.JPG

・切り干し大根とルッコラの柚子胡椒あえ
DSC01429.JPG

・玄米
DSC01427.JPG

・生姜スープ
DSC01431.JPG

・アイスコーヒー

どのお料理もとってもおいしい!
海南チキンは色々なお店を食べ比べてみたけれど
こちらの味付けは癖が少なくて、とても美味。
そして切り干し大根を柚子胡椒あえにすると
清々しい感じでこれまた新鮮な感覚です。
レッドキャベツのサラダは、
実においしいドレッシングであえていて
グレープフルーツも入っていたのかなあ?
生のレッドキャベツは今迄苦手だったけれども、
ショーケースの中であまりに色が鮮やかで
これは力のありそうなアントシアニン!と思って
挑戦してみましたが、しんなりしていて
さわやかで、とてもおいしいかったです。

外食すると、自分の普段の味付けではやったことのないような
味付けを知るから、勉強になりますね。

紹介してくれたSさんに感謝です!

おかげで世界が広がったし、
表参道で安心して入れるお店です!

アフリカタテガミヤマアラシ

アフリカタテガミヤマアラシって
その背中の針毛に注目してしまうけど
あどけない表情も実にかわいい!

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」あふりかたてがみやまあらし
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/a-yamaarashi.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月11日

山本達彦氏 MANDALA LIVE 2017 Live en Quatre Saisons・Automne(2017/9/9)

先週土曜日、山本達彦さんの155回目の南青山マンダラライブに 行ってきました。
白と黒のチェックのジャケットとパンツ、
白いハイネックのインナーで登場した山本さん。
今回はお一人だけのソロライブでした。
いつもよりも負担は多いけど自由度は増すと
おっしゃっていた山本さんですが
美しく甘い、伸びやかな歌声に
素晴らしいピアノ演奏部分がますます際立つライブでした。
アルバムCroissantから演奏されたEtude (Instrumental)では
まさにクラッシックのピアニストの演奏会のようだったし
アルバムMemorial Rainからの「ピアニスト」は
間奏部分はとてもダイナミックな映画音楽のようだったし。
山本さんはギターから始められて、
作曲のときにギターだけでは限界があるから
ピアノも弾くようになったそうですが
幼い時から英才教育受けていなくても
あんなに弾けるのかしらと、びっくりです。
相当努力されたんだなあって思います。
そしてご自身がメロディなど影響を受けられたという
ビートルズのHoney PieとLady Madonnaのカバーも
とてもよかったです。

これからもますます輝いて活躍されますように!
posted by Lana-Peace at 07:39| アート / 歴史 音楽

トンボ

鎌倉の大巧寺のお庭、
同じトンボが何度も行ったり来たりして
細い棒の上にとまっていました。
とっても上手に。
トンボの眼は自分の足元を見るのは
難しいだろうと思うけど
どんなふうに見えているのかなあ。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」なんどももどってくるとんぼ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-215.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月08日

ユリ「タイニーダイヤモンド」「マトリックス」「ロイヤルトリニティ」「アプリコットファッジ」

今日はユリのご紹介です。
「タイニーダイヤモンド」「マトリックス」
「ロイヤルトリニティ」「アプリコットファッジ」


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ゆり(たいにーだいやもんど)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yuri-yurien1.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ゆり(まとりっくす)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yuri-yurien2.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ゆり(ろいやるとりにてぃ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yuri-yurien3.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ゆり(あぷりこっとふぁっじ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yuri-yurien4.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月07日

「ブルヘッドノトセン」「ハーフバードパウト」

今日は南極、北極に住む水の生き物のご紹介。
「ブルヘッドノトセン」と「ハーフバードパウト」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」ぶるへっどのとせん
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-393.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」はーふばーどぱうと
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-399.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月06日

命が命をつなぐ場所― 鎌倉 長慶山大巧寺 ―

2017年7月、神奈川県鎌倉市の大巧寺(だいぎょうじ)に行ってきました。
鎌倉駅から徒歩数分、若宮大路の鎌倉駅入口交差点の前にあります。
安産祈願として有名なところではありますが
境内の美しい花々と本堂の格天井がすばらしい、
ということで行ってみました。
そして帰宅後、お寺の縁起を知ると
ますます、その土地の放つエネルギーの力強さに
納得できました。

時は天文元(1532)年の春、
難産による女性の死、そして生まれるはずだったこどもの死、
死出の長路で子と共に彷徨う女性が
このお寺の日棟上人によって助けられた御恩が忘れられず、
これから自分は産婦とこどもの命を守っていきたいと願い
このお寺に祀られるようになったのだそうです。

亡くなった方の心に残るものは、死する悔しさや辛さではなく
誰かを救いたい、役に立ちたいという思いだと知ると
じーんとする。そんなお寺でもあります。

ここのお寺の入口の木がすごいパワーなのは
そういう善意が脈々と継がれたせいかもしれません(と勝手に想像したりして)。


詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
充電できる癒しの場所
「命が命をつなぐ場所― 鎌倉 長慶山大巧寺 ―」
http://www.lana-peace.com/3/3-2-040.html

繋がる場所から

お空に還った命。
あなたに直接会うことはできなかったけれど、
あなたのママから伺ったお話と
ママのスマホに入っていたたくさんの写真から
これまでどれだけあなたが、頑張ってきたか
おばちゃんは知っているよ。
パパもママもお兄ちゃんも
みんなであなたの命をとても大事に思って
守っていたことを知っているよ。

あなたが病気とわかって、
大きな手術も乗り越えて、
本当にいろいろなことがあったけど
あなたが元気になれた時もあった。
そのあなたの笑顔と成長ぶりに
ママはどれほど救われたことか。

でも、あなたの頑張りが
うまく形にならなくなって来た時
ママはどれほど辛かっただろう。

あなたが苦しくならないように
ママはお医者さんにいろいろお願いして
家族で過ごせる時間を大切にしたよ。
一分でも長く、そばにいたいなあって。
でもどうか痛いこと、苦しいことはしないでって。
心の中でたくさん葛藤しながらも
あなたと一緒に過ごせる時間を何より望んでいたよ。

ママの愛はあなたが一番よくわかっている。
あなたのママはひまわりのような朗らかさと
やさしさのオーラでいっぱいの人だってことも
あなたが一番よくわかっている。

だからこれからは、
あなたが空からママのことをしっかり見守ってほしいのです。
パパとお兄ちゃんのことを見守ってほしいのです。

ママは星野源さんの歌が好き。
だからFamily Songという歌
ママにお届けしたいです。

「ただ 幸せが
 一日でも多く
 側にありますように

 悲しみは
 次のあなたへの
 橋になりますように
 遠い場所も繋がっているよ」
 (Family Song  作詞・作曲:星野源)

ママとパパとお兄ちゃんが
しっかりと生きていけるように
見守ってね。
生きている世界とお空の世界は
繋がっているものね。

夕方の空・夕方の月と夜の月

夕方の空は、夕焼けが映えて本当にきれいですね。
そして、月は一つしかないけれど
夕方の月と夜の月は全然違う表情を見せる。
空の世界は本当に不思議。
そして毎日変わるその空の下に住んでいることも
何だか不思議。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ そら」ゆうがたのそら
http://www.keiko-cafe.com/asobo/sora/sora-72.html
「いっしょにあそぼ そら」ゆうがたのつきとよるのつき 
http://www.keiko-cafe.com/asobo/sora/sora-71.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月05日

ニホンザル

考え事したり、しょんぼりしたり
水の中を一生懸命探し物したり
毛づくろいしたり
ニホンザルは人間の言葉を話さなくても
その背中で、いろんな事をお話している気がしてくる。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」にほんざる 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/nihonzaru-yokohama1.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」にほんざる 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/nihonzaru-yokohama2.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」にほんざる 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/nihonzaru-yokohama3.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月04日

オオカミドバト

ニューカレドニアに住むオオカミドバト
なかなか地上に降りてこないんですって。
町の中でよく見かけるドバトは
地上にたくさん降りてくるのにね。
警戒心が強いのかな?



病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」おおかみどばと
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-274.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年09月01日

「三千米」吉田博――「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館, 2017

「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」
(東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館)から
生や死について想起させられたものをご紹介です。

雲海の向こうに、まさに今、太陽が昇ろうとする様子。
そこには亡くなったこどもたちが美しい生きる世界がある…
そういう気持ちになれる絵です。


詳しくはこちらに取り上げました。

Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考えるグリーフケア
三千米 吉田博作
(個人蔵)
http://www.lana-peace.com/2/2-4-033.html

「光る海 瀬戸内海集」吉田博――「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館, 2017

「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」
(東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館)から
生や死について想起させられたものをご紹介です。

水平線の向こうには太陽の姿は見えないけれど、その光が海面を美しく照らし出している様子は実に美しいものでした。
見えないけれども、美しさを放つ…それは亡くなったこどもの姿のです。

詳しくはこちらに取り上げました。


Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考えるグリーフケア
光る海 瀬戸内海集 吉田博作(個人蔵)
http://www.lana-peace.com/2/2-4-032.html

帆船 朝日 渡邊版」「帆船 朝 瀬戸内海集」吉田博――「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館, 2017

「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」
(東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館)から
生や死について想起させられたものをご紹介です。

木版画で描かれた太陽を背にした帆船は、
まるで後光を放つ神仏のよう。
そこから放たれている不思議な力により、
見ている者が守られているかのような感覚を持つ木版画…。

詳しくはこちらに取り上げました。


Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考えるグリーフケア
帆船 朝日 渡邊版 吉田博 作(個人蔵)
帆船 朝 瀬戸内海集 吉田博 作(個人蔵)
http://www.lana-peace.com/2/2-4-031.html

「鳩と少女」吉田博――「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館, 2017

「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」
(東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館)から
生や死について想起させられたものをご紹介です。

明治43年から44年に制作されたこちらの水彩画。
鳩にえさをあげる着物姿のかれんな少女。
穏やかな空気感もあり、寂しそうな感じもあり。
その少女の姿は明治44年に夭逝した吉田氏の長女だったのでしょうか…?


詳しくはこちらに取り上げました。

Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考えるグリーフケア
鳩と少女 吉田博 作 (福岡市美術館蔵)
http://www.lana-peace.com/2/2-4-030.html

中里之雪 東京拾二題(吉田 博 作)――「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館, 2017

白と黒だけで生み出された世界。
木々や建物、そして地面を白く覆い尽くす雪の情景です。

降り積もる様子はまるで、しんしんと音がしそうな感じです。
写真よりも、映像よりも、もっとリアルに雪景色の質感が
再現されているかのようです。

異次元の世界に入り込みそうな
そんな感じがする木版画でした。

------*------*------*------*------*------*------*------*------
吉田 博
中里之雪 東京拾二題
木版
紙 51.4×36.7cm
昭和3年
個人 蔵
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(東京・新宿)
「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」より
------*------*------*------*------*------*------*------*------
posted by Lana-Peace at 21:55| アート / 歴史 絵画・彫刻・陶芸

隅田川 夕 東京拾二題(吉田 博 作)――「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館, 2017

「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」
(東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館)から
今回印象的だったものをご紹介したいと思います。


実に美しいサーモンピンクの夕焼けの空と
その光に照らされて一部サーモンピンクに染まっている隅田川。
空と隅田川に挟まれる町の様子は黒で表現されています。
微妙な色合いが、実に美しい作品です。

こちら、江戸東京博物館の収蔵品として
同じ作品を画像として見ることができます。



------*------*------*------*------*------*------*------*------
吉田博
隅田川 夕 東京拾二題
木版
紙 24.8×37.3cm
大正15年
個人 蔵
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(東京・新宿)
「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」より
------*------*------*------*------*------*------*------*------
posted by Lana-Peace at 21:50| アート / 歴史 絵画・彫刻・陶芸

気骨溢れる人生と美しい作品 ――吉田博展(東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館)から考えること

先日、東京 新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催されていた
「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」に行ってきました。

DSC01423.JPG

2015年にMOA美術館で初めて見た吉田氏の「風静(昭和12年作)」
という木版がとても印象的だったことから、
ぜひ他の版画も見てみたい!と思ったのです。
前売りチケットは買い求めていたけれど、
今夏はあれこれと忙しくて、
ようやく時間がとれたのは会期最終日。
1階エレベーターに乗る時点で、既に長蛇の列。
入場規制がかかっていましたけれど、待ったかいがあったなあ。

ところで、こちらの美術館、ゴッホの「ひまわり」を
所蔵している美術館としても有名。
1987年当時のレートで58億円で購入したのだそうです。
吉田氏の作品の最後のコーナーに隣接して、
ゴッホのひまわりも常設展示されていました。
花びらの一部は絵の具が盛り上がった部分があって、
花びらの生命力が活き活きと再現されていうかのようでした。
ゴッホはどんな眼差しでこの1枚1枚を描いたのでしょうか。

さて吉田氏のこと、私はてっきり版画家なのだと思っていたけど
実は油絵、水彩、多彩な才能を発揮された方でもありました。
版画の道を進みはじめられたのはなんと吉田氏49歳の時。
いろいろな状況を自分にとってプラスの転機と考え
人間何歳になってもチャレンジすることって大事ですね…。
大正14(1925)年8月、吉田氏がアメリカから帰国した後、
私家版木版41点制作したのが始まりなのだそうです。
日本の浮世絵を喜ぶアメリカ人の姿を目にして、
自分はもっと、美しい版画を作れる!と奮起した吉田氏。
美しく優しい空気感に充たされる版画を多く作られていますが、
実は随分、気骨溢れる方なのだと知りました。

また吉田氏が描く山は、自分が実際登り
そこで野営などしながら自分で見て、感じた風景を
描いていたのだそうです。
幼い頃から山をこよなく愛した吉田氏ですが、
外遊計画した時、ちょうど第一次世界大戦のために果たすことが
できなかったのがきっかけで、国内登山に熱中するようになったそうです。
それが作品制作により一層活かされてくるわけです

吉田氏の生き方自体もすごく、感銘を受けるもの多かったです。

今回印象的だったものをいくつかご紹介したいと思います。
posted by Lana-Peace at 12:57| アート / 歴史 絵画・彫刻・陶芸

ユリと蜂

ユリに向かって真っすぐ突き進む小さな蜂!
その姿はなんだかとってもかわいくて健気で、でも勇敢。
大人になると、普段見過ごしている世界がいっぱいあるなあ。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」ゆりとはち
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-210.html
http://www.keiko-cafe.com/