2017年07月31日

迷いを手放し、強さを手に入れる父

お子さんの治療方針が急に変わって
慌ただしさを増した時、
親御さんも戸惑いが多くなってしまいます。
医師から提示される選択肢を
どう決断するか、心は大いに揺らぎます。
そして、考えるための時間の猶予が
とても短い場合には、怖さも感じますし。
でも、お子さんのために一生懸命
親御さんが考えた上での選択肢であれば
それが正解なのだと思います。

その時、大切なのは
親御さんが物事をポジティブに考えるようにして
いろいろな迷いを一つずつ手放していくこと。
それが進む強さを生み出すのだと、
先日お目にかかったお父様のお話を伺って
思いました。
迷いは自分の足かせになってしまいますものね。



新しい治療、きっとうまくいく!
そして、お兄ちゃんとお姉ちゃんと
たくさんのお魚が待つおうちに元気に帰ろうね!
みんな待ってるよ!

ベニシジミ

薄黄色のお花に向かって
飛んできたオレンジ色のチョウチョのベニシジミ。
とってもきれいでした。
住宅街の中でも見渡せば、
心和む瞬間は多いね!

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」べにしじみ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-209.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月28日

「オオバニバス」「熱帯性スイレン」

オオバニバスと熱帯性スイレンのご紹介。
水の上で清々しく咲く姿はとってもきれい。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」おおおにばす
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/ooonibasu2.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ねったいせいすいれん
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/nettaiseisuiren.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月27日

シロミミキジ

美しい白い羽の「シロミミキジ」。
標高3500mくらいの高い山の茂みに住んで
丈夫なくちばしを使って地面を掘って、
草の根も食べちゃうんですって。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」しろみみきじ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-276.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月26日

「イボヤギ」「ノブリーアネモネ」「フォルスプラムアネモネ」

海のお花畑みたいな生き物のご紹介。
サンゴの仲間のイボヤギと
イソギンチャクの仲間の
ノブリーアネモネ、フォルスプラムアネモネです。
海の世界は本当に不思議だね。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」いぼやぎ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-417.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」
のぶりーあねもね・ふぉるすぷらむあねもね
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-418.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月25日

ショベルカー

工事現場のショベルカーって
何回見ても楽しいよね。
たくさんの土をいっぺんに
移動させてしまう。
長いアームのバランスを取るのも
難しいだろううなあ。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(りく)」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/kuruma-79.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月24日

モウコノロバ

よこはま動物園ズーラシアにいた「モウコノロバ」。
とっても癒し系の顔立ちなのだけど
なんと時速60キロで走ることも出来ちゃうんだって!

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」もうこのろば
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/moukonoroba.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月21日

ヤマユリ・イチョウ・カモメの県営水道マンホール(神奈川県鎌倉市)

鎌倉市で見つけた神奈川県営水道のマンホール、
中央に県の花ヤマユリ、県の木イチョウの葉、県の鳥カモメが飛んでいます。

縁取りが山吹色は消火栓

DSC00877.JPG

水色は空気弁。

DSC00951.JPG

とってもきれいです。
posted by Lana-Peace at 07:56| アート / 歴史 美しいマンホール

コブハクチョウ

長野県の松本城のお堀にいたコブハクチョウ。
優雅に泳いでいました。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」こぶはくちょう
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/kuruma-78.html
http://www.keiko-cafe.com/

赤いユリ・ローズ色のユリ(ところざわのゆり園)

今夏のところざわのゆり園から
赤いユリ、ローズ色のユリのご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あかいゆり 1 
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-aka1.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あかいゆり 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-aka2.html 
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ろーずいろのゆり 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-rose1.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ろーずいろのゆり 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-rose2.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月20日

ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモンの羽の模様って
本当に見事な豹柄。
自然のなせる技って本当に不思議。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」きばなこすもすとつまぐろひょうもん 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-201.html
「いっしょにあそぼ むし」きばなこすもすとつまぐろひょうもん 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-202.html
http://www.keiko-cafe.com/

白いユリ(ところざわのゆり園)

今夏のところざわのゆり園から
白いユリのご紹介。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」しろいゆり 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-s1.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」しろいゆり 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-s2.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」しろいゆり 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-s3.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月19日

一生懸命な消防隊員さんがデザインされたマンホール(神奈川県藤沢市)

こちら神奈川県藤沢市の防火用水槽のマンホールです。

消防隊員さん、一生懸命
頑張ってるぞー!って感じが
伝わってきます。
はしご車もきれいにデザインされています。

DSC00496.JPG

DSC00495.JPG

DSC00497.JPG

DSC00498.JPG
posted by Lana-Peace at 12:50| アート / 歴史 美しいマンホール

海の楽しさがデザインされた側溝蓋(神奈川県藤沢市)

こちら神奈川県藤沢市の側溝の蓋。

DSC00450b.JPG

江ノ電江の島駅周辺にありました。
積乱雲の空にはカモメが飛んで
波間にウィンドサーフィンをする人。
とても江の島らしいデザインです。

大きいバージョンと
小さいバージョンがあるようです。

DSC00450.JPG

DSC00492.JPG
posted by Lana-Peace at 12:47| アート / 歴史 美しいマンホール

クロマツのマンホール(神奈川県藤沢市)

こちら神奈川県藤沢市のマンホール。

汚水用として使っているようです。
市の木クロマツがデザインされています。

DSC00440.JPG
posted by Lana-Peace at 12:42| アート / 歴史 美しいマンホール

フジのマンホール(神奈川県藤沢市)

こちら神奈川県藤沢市のマンホール。

中央に「ごうりゅう」と表記されているので、
どうやら雨水と汚水を一つにまとめている
合流式下水道なのだろうと思います。

そして藤沢市の市の花であるフジが
満開に咲いている図柄。
シンプルな文様をうまく組み合わせている
上品なマンホールです。

DSC00441.JPG
posted by Lana-Peace at 12:40| アート / 歴史 美しいマンホール

ヤマユリ・イチョウ・カモメのマンホール(神奈川県営水道 神奈川県藤沢市)

神奈川県藤沢市の江の島エリアで
美しいマンホールがありました。

神奈川県営水道 仕切弁のマンホール。
向かって右が県の花ヤマユリ、
左側上に県の木イチョウの葉、左側下に県の鳥カモメ。

水色がとっても清々しいです。

DSC00437.JPG
posted by Lana-Peace at 12:35| アート / 歴史 美しいマンホール

朱色のゆりと山吹色のゆり(ところざわのゆり園)

今夏の「ところざわのゆり園」に咲いていた
朱色のゆりと山吹色のゆりのご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」しゅいろのゆり 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-sy1.html 
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」やまぶきいろのゆり 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-ym1.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」やまぶきいろのゆり 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-ym2.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月18日

Bistrot Orange (ビストロ オランジュ・鎌倉・御成通り沿い)

今日は鎌倉市の御成通り沿いのおいしいお店をご紹介です。
何も下調べしないで、たまたま通りかかったけれど
お店の入口の雰囲気が良かったので入ってみました。
そして、本当に良いお店だったのでご紹介したいと思います。

ビストロ オランジュ
神奈川県鎌倉市御成町2-13
鎌倉駅西口を出たら御成通り商店街を海の方に向かって南下直進します。
そして5本の道が交差しているところの手前(駅側)にあります。

DSC00975.JPG

DSC00977.JPG

いただいたランチは本日の魚料理。

最初に登場したのは安納芋の冷製スープ。
まるでバニラソフトのような味でとってもおいしい。
DSC00960.JPG

本日の魚料理はこがしバターのトマトソースのかかったかんぱちです。
写真では伝わり切らないかもしれないけど、身に厚みがあって
食べごたえ十分だけど、焼き加減が絶妙にふんわり。
添えられている鎌倉野菜は、別に頼んだわけではなくてもたっぷりです。
シャキシャキで、彩りがとても美しいです。

DSC00966.JPG

そしてデザートはラムレーズンのバニラアイスと
パッションフルーツのシャーベット
このアイスが、かなり濃厚でとってもおいしい。
そしてシャーベットもさわやか。
どっちも、おいしかったなあ。

DSC00972.JPG

これにフランスパンと、お好みのドリンクが付きます。
アイスティーもちょうど良い冷たさと濃さでした。

1階と2階に座席がありますが、
私は1階のカウンター席でいただいたので
その分、調理している方々やホールの方とのやり取りが
ダイレクトに伝わってきます。
それが実に感じ良かった!
お互い、何か頼む時、ぞんざいな感じがなくて、
相手にさりげなく「どうぞよろしくね」って
お願いしている感じがするのです。
きっと、それぞれがそれぞれの仕事を尊重しているから
相手に対してそういう態度になるんだろうなあ。

出てくる一皿一皿、丁寧に作り込まれている料理のグレードと
スタッフの一生懸命働く様子を見たら、
ランチセットのお値段1800円(税抜)はそれ以上の価値かなあと思う。

調理の方は調理だけでなく、空き時間に洗い物もしながら、
調理場に立っていました。
当日の鎌倉は猛暑。
もちろんお店の中はエアコンだけど、
調理場の立ち仕事は大変だろうなあ。
そしてホールの人も、1階で作った料理を
内階段を歩いて上って2階に運んでいるのです。
何人ものお料理皿を階段を使って運ぶのは
随分骨が折れるだろうな。

きっと私より20歳以上年下の若者たち。
でもそういう彼、彼女の一生懸命働く姿、
なんだかとても美しいですね。

素敵なお料理の背景には、そういう一生懸命さが垣間見えたので
カウンター席で良かったです。

帰宅後、お店のホームページを見たら、
こう書いてありました。
「Le goût comme la beauté sont des accumulations de cordialité
 美味しさと美しさはまごころの積み重ね」
お店のコンセプトかしら?
実際訪れてみて、確かにその言葉に偽りなし、って感じがしました。

夏バテ気味だったけど、こちらのランチのおかげで
元気をチャージできました。

「フランス料理」と聞くと、敷居の高いお店を想像してしまうけど
全然そんなことなく、ひとりご飯でも居心地よく、
時間を過ごせる場所でした。

鎌倉に行くときはぜひ、もう一度行きたい場所だなあ。

ユーラシアカワウソ

丸太の上で、くねくねしていたユーラシアカワウソ、
その動作はなんだかとっても
あどけない感じで、かわいいよ!

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/y-kawauso.html
http://www.keiko-cafe.com/

オレンジ色のゆり(ところざわのゆり園)

今夏、ところざわのゆり園に咲いていた
オレンジのゆりのご紹介です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」おれんじのゆり 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-or1.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」おれんじのゆり 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-or1.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」おれんじのゆり 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-or3.html 
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月17日

安部恭弘氏 鎌倉アコースティック・スペシャル〜散歩の途中で 2017〜 (2017/7/15)

先日、安部恭弘さんのアコースティックライブに
行ってきました。

今年も安部さんと重久義明さんと松田靖弘さんが参加されたライブでしたが
とても息の合った感じ。
いろいろハプニングがあっても、それをうまくお互いがカバーしている雰囲気が
良かったなあと思います。

どれもこれも「大人の時間」って感じですごく良かったけれど
その中でも特に印象深かったものをいくつか…。

安部さんが和田加奈子さんに提供された曲「赤と黒」は
安部さんのギターに松田靖弘さんの哀しげなハーモニカと
重久さんのピアノのメロディーが絡んで、とってもかっこいい!

安部さんが鈴木雅之さんに提供された曲「君」は
今回は安部さんのギターで始まるのではなくて
重久さんのとっても美しいピアノの旋律で始まりました。
それが何とも素敵な感じで、安部さんのギターにつながっていきます。

そしてアルバム「SLIT」から「砂色の夜明け」
こちらは途中で転調したのかしら?
壮大な映画音楽のようなイメージに仕上がっていて
圧倒されました。
重久義明さんの美しさが際立つピアノの音色に
絶妙な掛け合いで安部さんのギターと歌声が応える、
みたいな感じで。
次回はぜひ、松田さんのフルートを入れてほしい。
松田さんの奏でるあたたかくて切ない音色は、
とてもぴったりだと思うから。

そしてアルバム「Dear」から安部さんが作曲された「Happiness」が!
あー、懐かしいあのイントロが。
アコースティックライブでは私は初めて聞いたなあ。
発売からもう20数年前のアルバムだけど
当時、病棟で働いていた頃のことなど
思わず、心の中にぽこぽこと思い出が。。。
西尾佐栄子さん書かれた歌詞は
安部さんの歌声、重久さんのピアノ、松田さんのサックスで
ひときわしみじみ、聞こえました。

「僕はずっと君を守って
 もっと君を強く愛して
 きっとそんな君の笑顔が僕の
 しあわせになるから」

改めていい歌だなあ。
なんだかとっても、じーんとした鎌倉の夕暮れ時。

これからもお身体に気を付けて、
自分の追求する音楽を楽しく、極めていってほしいなあと思います。

DSC00979.JPG
posted by Lana-Peace at 16:48| アート / 歴史 音楽

西武鉄道 8500系(レオライナー)

「ところざわのゆり園」を訪れた後
近くの日帰り入浴に行ってみました。
「掬水亭 狭山の茶湯」の日帰り入浴です。
そこで西武山口線「西武球場前」から「遊園地西」駅まで
電車を利用しましたが、
その時の電車が、一風変わった電車。
コンクリートの線路の中をタイヤを付けた電車が走るもの。
電車と言っても、いろんな電車があるねー。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(りく)」
せいぶてつどう 8500けい(れおらいなー)1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/densya-54.html
せいぶてつどう 8500けい(れおらいなー)2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/densya-55.html
せいぶてつどう 8500けい(れおらいなー)3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/densya-56.html
http://www.keiko-cafe.com/

黄色のゆり(ところざわのゆり園)

先月こちらでご紹介した「ところざわのゆり園」ですが
いよいよゆりのご紹介を始めます。
今日は黄色のゆりです。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」きいろのゆり 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-k1.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」きいろのゆり 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-k2.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」きいろのゆり 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-k3.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」きいろのゆり 4
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yurien-k4.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月14日

尿素水(アドブルー・AdBlue)を使ったバス

小田急バスをよく利用するのですけど、
先日、車内に掲げられていた小田急バスのマスコット
きゅんた君の登場する広告を見てびっくり。

小田急バスでは排出ガスをクリーンにするために
尿素水を排ガスに噴霧するんですって。
尿素水? 尿素???

こちら尿素水はアドブルー(AdBlue)といって、
ドイツ自動車工業会で認められたものだそうです。
排気ガスに含まれる NOx(窒素酸化物)は尿素水が噴霧されると、
いろんな化学反応が起こって
窒素と水と二酸化炭素になるらしい。

二酸化窒素は濃度が高いと呼吸器にも悪い影響を与えるそうですから
無害化された空気がバスから出てくるってことは
実に良いってことですねー。
町の中を走って役目をきちんと果たしながら、
排出ガスの浄化もするって、何だかとてもすごいことだと思う。

そんなこと知らないで、乗っていたなあ。バスに。
posted by Lana-Peace at 09:51| アート / 歴史 街の中

なす

畑で見つけた紫のなすは
お花もきれいだったし、
なすの実もぴかぴか。
お店に並ぶ前、こんな風に育っていたんだなあ。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ やさい・くだもの」なす
http://www.keiko-cafe.com/asobo/kudamonoyasai/yasai-14.html
http://www.keiko-cafe.com/

アジサイ「伊予絞り」「城ケ崎」

国営昭和記念公園のアジサイ
「伊予絞り」「城ケ崎」のご紹介。
ブルーがとってもきれいです。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
あじさい(いよしぼり)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-syowa9.html
あじさい(じょうがざき)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-syowa10.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月13日

「トゲチョウチョウウオ」「ニセフウライチョウチョウウオ」

白と黒と黄色のチョウチョウウオのご紹介。
泳いでいる姿はとっても涼しげ。

「トゲチョウチョウウオ」
「ニセフウライチョウチョウウオ」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」
とげちょうちょううお 
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-379.html
にせふうらいちょうちょううお
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-380.html
http://www.keiko-cafe.com/

アジサイ「恋路が浜」「伊豆の華」

今回の国営昭和記念公園に咲いていた
アジサイ「恋路が浜」「伊豆の華」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
あじさい(こいじがはま)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-syowa7.html
あじさい(いずのはな)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-syowa8.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月12日

バラの枝にとまる赤トンボ

バラの枝にとまっていた赤トンボ。

上手にとげをよけていました。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」ばらのえだにとまるあかとんぼ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-207.html
http://www.keiko-cafe.com/

アジサイ「レモンウェーブ」「ブルースカイ」「ロイヤルブルー」

今夏の国営昭和記念公園のアジサイのご紹介。
「レモンウェーブ」「ブルースカイ」「ロイヤルブルー」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
あじさい(れもんうぇーぶ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-syowa4.html
あじさい(ぶるーすかい)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-syowa5.html
あじさい(ろいやるぶるー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-syowa6.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月11日

セグロカモメ

よこはま動物園ズーラシアにいたセグロカモメ。
セグロ、というけど背中は灰色でした。
尻尾の白い模様がかわいいよ。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」せぐろかもめ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-273.html
http://www.keiko-cafe.com/

アジサイ「アナベル」「ロートシュバンツ」「ナイチンゲール」

今日からは国営昭和記念公園の今夏のアジサイをご紹介。
こちらのアジサイはどれも、花がしっかりついているものが
多いですね。

今日は3種類。
「アナベル」「ロートシュバンツ」
「ナイチンゲール」のご紹介です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
あじさい(あなべる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-syowa1.html
あじさい(ろーとしゅばんつ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-syowa2.html
あじさい(ないちんげーる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-syowa3.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月10日

ヒガシクロサイ

よこはま動物園ズーラシアにいたヒガシクロサイ。
のんびりした表情。
その様子を見ていたら、
なんだかそこだけ時間の流れが違うみたいだよ。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ひがしくろさい 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/higashi-k3.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ひがしくろさい 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/higashi-k4.html
http://www.keiko-cafe.com/

「美方八重」「木沢の光」「藍姫」「ヒメアジサイ」

アジサイのご紹介
「美方八重」「木沢の光」「藍姫」「ヒメアジサイ」です。
たくさんご紹介してきた東京 としまえんのあじさいは
本日これでおしまい。
明日からは東京 国営昭和記念公園のあじさいのご紹介です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
あじさい(みかたやえ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen49.html
あじさい(きざわのひかり)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen50.html
あじさい(あいひめ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen51.html
あじさい(ひめあじさい)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen52.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月08日

聞きたくないことから逃げずに聞く、父の心の底にあるもの

他の方から見たら、どんなに辛く、苦しいだろう…
と思うような状況でも、
「辛いと思いません」と言い切るお父様。

それは、虚勢を張っているわけでもなく、
真実の言葉でした。
最初にお子さんの病気がわかった時、
それはもうショックで、信じられなかったそうですが
そこからは、気持ちを切り替えたのだそうです。
後ろを振り返っても仕方ないから、と。

そして、
うちは前を向いているから。
うちは治る、って信じているから。
だから辛いとは思わない、のだそうです。

時には医師から、これからの治療について
聞きたくないような話を聞かなければならない時もあります。
耳をふさぎたくなるような話も。
治療に伴うリスクとして医師には
親御さんに対して説明責任がありますものね。
でも、お父様はあえてそういう話からも逃げないで
むしろ、きちんと、しっかりと聞きたいのだそうです。


どうして?


それは、本当にそういう事態が起こった時に
動揺するお子さんをしっかり受け止めて
心のケアをしてあげたいからなのだそうです。
治療上、どうしても不可避のことなのであれば
それと共に生きていかなければいけないから、
だから、それを受け容れられるように
お子さんの気持ちをサポートしてあげたいのだそうです。

実際そういう場面が起こった時に
咄嗟にその場しのぎの、慰めみたいな言葉で
場を埋めたり、ごまかしたりするのではなくて
お子さんにとって本当に必要な言葉を
きちんとかけてあげたいからだ、って。

そう語るお父様の言葉を聞いて
何だかとってもじーんとしました。

どういう事態が起こっても、
お子さんが、それを自分の一部として受け止めて
しっかり生きていけるように、という
お父様の願い。

医療者にとっては、行っている治療に
成果が出るかどうかが見極めどころだけど
お父様にとっては、もっと長いビジョンなのです。
治療を経たお子さんがどう生きていくか。
その未来のことが、お父様の頭の中に埋め尽くされているのです。

お父様が、一つ一つ、噛みしめるように
お話されていた言葉を聞きながら
これまでどれほど多くの困難を
こうして乗り越えてこられてきたんだろう…と思いました。

お父様は、家族みんなが同じ方向を向いて頑張っているから、
あえて口にしなくても、お互いがお互いの姿によって
励まされているんだ、とお話されていました。


いいご家族だなあ。

そして、お父様は奥様のことを本当に尊敬して
愛おしく感じて、
一緒にこどもを守っていこう、って
二人で頑張っていらっしゃいます。

新しい治療、きっとうまくいく!



神様、どうかこのお子さんとご家族が
みんな、みんな幸せになれますように。

2017年07月07日

「身体を弱く産んでごめんね…」と申し訳なく思った時

言葉は決して病気を治す魔法ではないけれど
言葉によって、人間は心の向かう先を変えることはできます。
人間は心に左右される生き物だから。

しあわせ患者学研究所 高宮潤子さんのポッドキャストを聞いて
そう思いました。

潤子さんに「身体を弱く産んでごめんね…」と申し訳なく思うお母様。
でもお母様は潤子さんのある言葉で
心を切り替えることができました。

それを潤子さんは「ただただ思いが言葉になったもの」と語っていたけど
その言葉はもっと、もっと、大きな力を
母娘にもたらしたのです。



詳しくはこちらをどうぞ。


しあわせ患者学研究所 高宮潤子さん
2017年6月30日配信ポッドキャスト
第11回『病気の娘とその母と』

ハクセキレイ

横浜みなとみらいの海沿いを
楽しそうにお散歩していたハクセキレイ。
ちょこちょこーって歩く姿は
とってもかわいいね。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」はくせきれい
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-258.html
http://www.keiko-cafe.com/

アジサイ「白鳥」「白富士」「白舞子」「白妙」「舞子」

今日紹介のアジサイは
「白鳥」「白富士」「白舞子」「白妙」「舞子」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
あじさい(はくちょう)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen44.html
あじさい(しろふじ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen45.html
あじさい(しろまいこ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen46.html
あじさい(しろたえ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen47.html
あじさい(まいこ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen48.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月06日

コブシの花のマンホール(東京・立川市)

先日、国営昭和記念公園(東京・立川)の蓮の花を見に行ったのですけど
(蓮の写真はこれからけいこかふぇでご紹介します)
立川市のマンホール、とってもきれいでした。

DSC09770.JPG

こちらコブシの図柄、立川の市の花だそうです。

水色と白とあずき色がなんとも清々しいです。
posted by Lana-Peace at 12:23| アート / 歴史 美しいマンホール

「キイロハギ」「スジオテンジクダイ」

水の中で美しいお魚のご紹介。
清々しい「キイロハギ」と金色の線のもようのような「スジオテンジクダイ」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」きいろはぎ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-358.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」すじおてんじくだい
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-388.html
http://www.keiko-cafe.com/

アジサイ「モンアソ」「伊予丸」「土佐の暁」「土佐神楽」「土佐涼風」

今日のアジサイのご紹介は
「モンアソ」「伊予丸」「土佐の暁」「土佐神楽」「土佐涼風」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
あじさい(もんあそ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen39.html
あじさい(いよまる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen40.html
あじさい(とさのあかつき)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen41.html
あじさい(とさかぐら)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen43.html
あじさい(とさすずかぜ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen42.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月05日

アオスジアゲハ

黒地に美しい南国の海みたいなブルーの模様の
アオスジアゲハ。
お花の間を優雅に飛んでいたよ。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」あおすじあげは
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-204.html
http://www.keiko-cafe.com/

アジサイ「深山八重紫」「清澄沢」「大甘茶」「天城甘茶」

アジサイ
「深山八重紫」「清澄沢」「大甘茶」「天城甘茶」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
あじさい(みやまやえむらさき)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen35.html
あじさい(きよすみさわ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen36.html
あじさい(おおあまちゃ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen37.html
あじさい(あまぎあまちゃ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen38.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月04日

あなたを見守る空のお子さん

短い人生、それでもこの世に生まれ、生きてきた意味、
我が子がこの世の人生で果たす役割は何だったんだろうか…。
それを見つけ出すことが遺された親の役割とおっしゃっていた
あるお母様。
その言葉がとても重く深く、響きました。


周りから見たら、あれほど尽くすことはできない、
っていうくらい、尽くしていらっしゃったけれども
お母様の心には、後悔ばかりが浮かんでくるそうです。

今からでも、遅くない、
あの子の心を癒してあげたい…
そういうお母様の気持ちを
お子さんは十分、しっかり受け取っていらっしゃいますよ。
決して、一方通行なんかじゃありません。

あんなに近くにいたお子さん。
でも、もう今は手を伸ばしてもそこには姿のないお子さん。
だけど、お子さんは見える、聞こえる、そういった次元の世界を越えて
あなたのことを見守っているということを
どうか忘れないで。
あなたの思いは一方通行なんかじゃないのだから。

彼女の話を伺いながら、
ある少女のことを思い出しました。
普段はお空の世界で遊んで、友達10人いるけれど
この世のお姉ちゃんが、遊ぼうよって呼んでくれた時は
お姉ちゃんのところに遊びに来て
一緒に幼稚園バスに乗ったり、幼稚園で遊んだり。

でも、やっぱり沈み込むママのことが心配だから、
大丈夫かなあって、自宅に帰ってちょっと覗き込んで
大丈夫だなって思ったら、また幼稚園に帰って。
元気のないママのお膝に座って、
ママを見上げて、
ママのこと大好きだよーって
ママがわかってくれるまで、言うんですって。
その女の子のお姉ちゃんから教えてもらいました。
彼女は、見たり感じたり、聞いたりできるから。

お空に還った女の子は
今、そうやって親孝行しているのだと思います。


沈み込み、落ち込むばかりのあなたの姿を
お子さんはどんなに苦しい思いで見ているかな…

気持ちが晴れない時は
そんな風に視点を変えてほしいです。

「ヒマラヤシーダー」「ドイツトウヒ」

木になっている実をみると
何だかとっても不思議、不思議。
いつのまに、こんなに立派な実を作っていたんだろうって。
音も立てずに、静かに。
本当に不思議だなあ。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」ひまらやしーだー
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-301.html
「いっしょにあそぼ き」どいつとうひ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-330.html
http://www.keiko-cafe.com/

アジサイ「ベニガク」「ベニデマリ」「ベニツルギ」

アジサイ「ベニガク」「ベニデマリ」「ベニツルギ」のご紹介。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
あじさい(べにがく)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen32.html
あじさい(べにでまり)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen33.html
あじさい(べにつるぎ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen34.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月03日

誰かがどこかで頑張っている

反省することは大切だけど
変えられない過去に縛られて
それで苦しくなってしまう時があります。

でも、そういう時は、
どうしたらいいんだろう…

自分の気持ちの矛先を
変えることが大事だなあって、気付くことがありました。

結局は、誰かのせいじゃなくて、自分。
自分に帰結して、自分から始まる。

それは大きな手術を受けて、お元気になったある女性から
ご連絡をいただいたことによって気付いたのですが…。



彼女はとても良い言葉を綴っていらっしゃいました。
過去をいくら悔やんでも、もうそこには戻れないし
いったん考え始めると負のループから抜け出せなくなるから
もう、過去を悔やむのはやめたのだそうです。

じゃあ、どうしたのか。
今はいろんなことに感謝して生活されているのです。
それは、誰かに良いとこ見せようとか
決して、そんなんじゃないんですよ。

本当に自然に、そう暮らしているんです。
今、こうして楽しいことがあるのは、誰かのおかげだ、
そういう風に思っていらっしゃるの。

そして自分に大変なことがあっても
頑張っているのは自分だけじゃない、
他の人だってどこかで同じように、
それぞれの場所で、みんな頑張ってるんだって
思っているんだそうです。
遠く離れて、暮らしていても。

そういう言葉が出てくるのは
彼女が人一倍苦労を重ねてきたからだろうなあ。

一年前に出会った時は
もちろん素敵な方だったけど、
今は、更にもっと素晴らしく
大きく、飛躍されているんだなあって
とっても嬉しくなりました。

かれんで、ピュアで、お茶目な彼女、
これからもっともっと幸せになりますように!

アカカンガルー

よこはま動物園ズーラシアの
アカカンガルーの親子たち。

なんだか人間みたいにお話しているみたいな
そんな雰囲気満載のカンガルー。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」あかかんがるー 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/aka-k2.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」あかかんがるー 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/aka-k3.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」あかかんがるー 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/aka-k4.html
http://www.keiko-cafe.com/

アジサイ「紅」「花吹雪」「剣の舞」「胡蝶の舞」

今日ご紹介のアジサイは
東京 としまえんのあじさい園より
「紅」「花吹雪」「剣の舞」「胡蝶の舞」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
あじさい(くれない)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen28.html
あじさい(はなふぶき)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen29.html
あじさい(つるぎのまい)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen30.html
あじさい(こちょうのまい)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen31.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年07月01日

悔しさが生み出した青年の成長

先日、お目にかかった青年、
とても大きな手術を受けた後、お元気になられて
頑張って人生スタートしていました。

彼は幼い頃から、元気な友達にはない症状が
自分にはあっても
どうして、俺だけなの?なんて思うことなく
それが自分だから、と思っていたそうです。

そしてお元気になられたことによって
これまでできなかったことが
楽にできるようになると
とっても嬉しかったそうです。
それは元気な人だったら気にも留めない
ありふれた日常の場面だけど。

そして元気な人だったらあれこれ
不平不満ばかり並べそうなことも
それをできるようになった自分を嬉しく思えるんですって。

その青年のお話を聞いて、じーんとしました。
一生懸命、毎日生きてるんだなあって、

もちろん彼は、これまで良い事ばかりだったのではなくて
いろんな大変なこともあったのです。
それを何とかしようと、人の見ていないところで
彼は何倍も努力してきたからこそ
その途中、向こう側に渡る橋を外されるような事態が
起こってしまった時の
彼の悔しさと失望は、本当に深かった。
他の人がきっと容易には想像できないほどに
深い、深いものだった。

だけど、あの時、あんなに頑張った、
あなたのこつこと努力しようとする姿勢は
今のあなた自身を作っているよ。

これから新しい夢に向かって
また努力を始めようと考えて
話していたあなたは、とってもキラキラしていた。

過去の悔しかったあなたは、もう、過去の人。
今のあなたは、今、生きているあなた自身。
過去とは違うんだってことをわかって、
どうか、今の自分に自信を持って過ごしてほしい。
そして、成長した自分の力を信じてほしい。


彼がこれまでのことを振り返った時に、出てきた言葉は
さりげなく、母親の苦労をねぎらい、尊敬する言葉でした。
子のために、遠い病院通いをずっと続けてくれた母。
仕事をしながら、資格試験に挑み、努力する母。
その姿は少年時代の彼の心の中にしっかりと刻まれていました。
たとえ、普段それを口にしなくても。
努力するのは母譲りかも知れないね。


これから毎日の時間を大事に生きて
どんどん楽しい瞬間をたくさん増やしてほしいなあ。
そして、あなた自身の輝きをずっと守っていってほしいなあ。

ぺこりと頭を下げていった青年の後ろ姿に
そう思いました。

この親子に、たくさんの幸せが舞い込みますように。