2017年06月30日

「オールドワイフ」「ミスジリュウキュウスズメダイ」

白と黒の縞模様のお魚のご紹介。
「オールドワイフ」と
「ミスジリュウキュウスズメダイ」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」おーるどわいふ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-402.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」みすじりゅうきゅうすずめだい
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-401.html
http://www.keiko-cafe.com/

アジサイ「フラウノブコ」「瀬戸の月」「沢美人」「金山品寺」

アジサイのご紹介。
「フラウノブコ」「瀬戸の月」
「沢美人」「金山品寺」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
あじさい(ふらうのぶこ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen24.html
あじさい(せとのつき)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen25.html
あじさい(さわびじん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen26.html
あじさい(きんざんひんじ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen27.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月29日

看板の縁にとまる赤とんぼ

看板の縁にとまる赤とんぼのご紹介。
あんなに狭いスペースでも、
つるっと滑らないで、しっかりつかまって、
バランスとってる。
トンボの足はどんな仕掛けがあるんだろう?


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」かんばんにとまるあかとんぼ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-206.html
http://www.keiko-cafe.com/

アジサイ「佐橋の庄」「星咲エゾアジサイ」『城ケ崎」「三河千鳥」「イラガラミ」

アジサイ「佐橋の庄」「星咲エゾアジサイ」
『城ケ崎」「三河千鳥」「イラガラミ」
のご紹介。

それぞれの美しさ、本当に自然は偉大だね。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
あじさい(さばしのしょう)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen19.html
あじさい(ほしざきえぞあじさい)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen20.html
あじさい(じょうがさき)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen21.html
あじさい(みかわちどり)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen22.html
あじさい(いわがらみ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen23.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月28日

飛行機を支える人たち

飛行機が到着した時、
飛行場では飛行機が安全に駐機したり、
次の飛行が安全にできる準備をしたり、大忙し。
空港に行くと、たくさんの人のおかげで、
楽しい空の旅ができるんだなーって気付きます。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(そら・みず)」
ひこうきをささえるひと 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/hikoki-23.html
ひこうきをささえるひと 2(まーしゃらー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/hikoki-22.html
http://www.keiko-cafe.com/

アジサイ「エンドレスサマー」「エンドレスサマーブラッシングブライト」「アナベル」「カシワバアジサイ」「カシワバアジサイハーモニー」

アメリカうまれのアジサイのご紹介。
「エンドレスサマー」
「エンドレスサマーブラッシングブライト」
「アナベル」「カシワバアジサイ」
「カシワバアジサイハーモニー」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
あじさい(えんどれすさまー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen14.html
あじさい(えんどれすさまーぶらっしんぐぶらいと)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen15.html
あじさい(あなべる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen16.html
あじさい(かしわばあじさい)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen17.html
あじさい(かしわばあじさい はーもにー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen18.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月27日

役割をまっとうする父親

お子さんの笑顔やかわいい声や仕草や表情は
親御さんにとって、励みになるし、力が湧いてくる。
でも、病気のために、そういった反応が乏しい場合があります。
だけど、親御さんは懸命にお世話や看病を続ける。

「もうすぐ良くなる」「きっと良くなる」
そう思い続けて、1カ月、3か月、半年、1年。
もしも、状況が変わらなかったら
いつしか親御さんの心も疲れてしまうのは
すごく自然なことだと思います。

些細なことで気持ちが苛立ってしまったり…
喧嘩が増えてしまったり、気持ちが折れてしまったり。
そうなってしまったあるご夫婦は
しっかり話しあったのだそうです。
そして、結論として
「どういう状況であっても愛そう」って
お二人で決めてからは
自分から生まれる感情が変わったのだそうです。


お父様の語るその言葉の中には
奥様に対する尊敬が端々に感じられました。
「自分だったらあんな風に世話は出来ない」
「自分は仕事で外に出られるけど、妻は出られないのに…」
「妻は本当にすごいと思う」

奥様のことをそんな風に口に出して他人に語れるということは
普段から奥様に対してそういう思いをずっと持ち続けているからこそ。

お父様が決してお世話していないわけじゃないです。
家事も育児ももちろん分担して。
そして「自分の役割は家族を経済的に不安にさせないこと」と思い
身体を酷使して一生懸命、外で仕事をしているのです。

そういう自分の役割の自覚とか
お互いへの感謝とか尊敬とかを持って
自分の役割をまっとうすることによって
お子さんが愛情いっぱいに、
育つことが出来たんだなあって
先日お目にかかったお父様のお話から
そう思いました。

人は心がけ、気持ちによって、
自分の毎日を変えていくことができるんだなあって
改めて、思いました。

新しい治療、きっとうまくいく!
何年もずっと、夫婦二人で守ってきたお子さん、
これから始まる新しい治療で、
お子さんの新しい元気な人生がはじまりますように!

フンボルトペンギン

フンボルトペンギンの元気にもぐる、泳ぐ姿のご紹介!


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」ふんぼるとぺんぎん もぐる 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-286.html
「いっしょにあそぼ とり」ふんぼるとぺんぎん もぐる 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-289.html
「いっしょにあそぼ とり」ふんぼるとぺんぎん およぐ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-290.html
http://www.keiko-cafe.com/

アジサイ「ポージーブーケ エレガンス」「ポージーブーケ スージー」「ポージーブーケ ナナ」「ポージーブーケ ミミ」「ユングフラウ ディープピンク」

日本作出のアジサイのご紹介。
「ポージーブーケ エレガンス」
「ポージーブーケ スージー」
「ポージーブーケ ナナ」
「ポージーブーケ ミミ」
「ユングフラウ ディープピンク」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あじさい(ぽーじーぶーけ えれがんす)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen9.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あじさい(ぽーじーぶーけ すーじー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen10.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あじさい(ぽーじーぶーけ なな)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen11.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あじさい(ぽーじーぶーけ みみ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen12.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あじさい(ゆんぐふらう でぃーぷぴんく)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen13.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月26日

竪穴式住居の跡(西ヶ堀込遺跡)とお皿として使ったクジラの背骨(古作貝塚)

千葉県船橋市の西ヶ堀込遺跡より
竪穴式住居の柱の跡、炉の跡のご紹介。
土の上で直に火をたいた跡もあれば
土に埋め込んだ土器の中で火をたいた跡もあります。

そして飛ノ台史跡公園博物館には
船橋市の中山競馬場の敷地内の
古作貝塚から出土したというクジラの骨が展示されていました。
脊椎 椎骨の少しへこんだ椎体のところが
どうやらお皿として利用されていた様子。
船橋でクジラ???

どこかとの交易で物々交換したもの?
それとも縄文海進の影響で、クジラが千葉沿岸を泳いでいたの?
考えるとすごく面白いね。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「むかしのおはなし」
たてあなしきじゅうきょ(はしらのあと・ろのあと)
http://www.keiko-cafe.com/mukashi/mukashi-jomon1.html
じょうもんじだい おさらのかわりにつかったくじらのせぼね
http://www.keiko-cafe.com/mukashi/mukashi-kujira.html
http://www.keiko-cafe.com/

西ヶ堀込遺跡(千葉県船橋市)の公開発掘調査現場 見学(2017/6/24)

おととい6/24、千葉県船橋市の西ヶ堀込(さいがほりこめ)遺跡の
発掘調査現場を見学してきました。
平日の発掘時間以外は保護シートで覆われているそうですが
6/24(土)は特別に午前中のみ公開。
こちら25年ぶりの発掘調査(本調査)ということなので
ぜひぜひ行ってみたい!とはるばる千葉まで遠征です。
10年ほど前、京都造形芸術大学の通信教育部で
歴史を学んでいた頃は、発掘したものに関する勉強はいろいろしたけれど
実際の発掘現場には行っていなかったので、楽しみ楽しみ。

場所はここ。
DSC09688.JPG
(図は飛ノ台史跡公園博物館 H27年度船橋の遺跡展パンフレットより抜粋)


薬園台駅から近いですが、バスは津田沼駅から二宮神社行のバス
にのるとバス停 田喜野井入口で下車して数分の場所になります。

突如道沿いに、こんなお知らせが。
DSC09489.JPG

そこからほどなく、大きなマンションや一戸建て、
畑に囲まれた場所に発掘現場がありました。
その住宅地一帯も、土の下は遺跡なのだそうです。
DSC09477.JPG

なんと4000年も前のこと
縄文時代後期、このあたりに人々が
生活していたんだなーと思うと、ドキドキでした。

そこの場所では何代にもわたり家が築かれ、
家の跡が重なりあって作り直されている様子が
分かるのだそうです。
またそのあたりは当時水を確保しやすい場所だったようで、
川や池が2箇所あったそうです。

そして家の中で火を燃やした「炉」の跡がありました。
土の上で直に火をたいた炉は土が赤く変色していました。
DSC09423.JPG

土に土器を埋め込んで、その中で火をたく炉もあって
その埋め込まれた土器の頭も、発掘現場で見ることが
できました。
DSC09426.JPG

家の中で煮炊きしていろいろな料理をしていたんだなー。
始めは屋外にあった炉も
縄文前期から屋内に炉を作るようになったのだそうです。

現地からの発掘物に関しても
当日みせてくださいました。
なんと船橋市教育委員会の文化課で
埋蔵文化財調査に関わる責任者の方が、
発掘物を手に取りながら
一般の人の質問に直接答えてくれるのです!

こちら縄文式土器の破片
DSC09443.JPG

こういった石器も出土しています。
DSC09447.JPG

DSC09448.JPG
実にきれいな曲線です。

貝もいろいろ
DSC09453.JPG

どんな質問も、にこにこと、
そして、実に詳しく、
一般の人にわかるように説明されていました。
専門家の話は、もうすごい、すごい。

現場からは大きな土器だけでなく
手のひらサイズのミニチュア土器も、
たくさん出土してくるそうです。
そうした土器は、かつてお祭りに使われたのではと
言われていたけれども、量が多く出てくるので
実は液体を入れていたのではないかとも
言われているんですよーとか、そういった新しい情報も。

関東ローム層は酸性とのことで、
骨は埋まっていても溶けてしまうそうですが
貝が捨てられていると、そのカルシウム分によって
土のペーハーも酸性度が弱くなって、
骨成分は守られるのだとか。

それから土器をつくる時に植物の種などがくっついたまま
焼成されると、その部分に穴が開いてできあがるので
出土した土器の穴にシリコンを入れてみると
種の形がわかって、
当時どんな植物があったのかわかる、
という話もされていました。
シルエットクイズみたいです。

出土したものは5ミリ、3ミリ、1ミリのふるいに順にかけて
それから水で洗うと話していました。
そうした手間は、大切な遺物を一気に流さないために。

現代の生活の土の下は数千年前の生活の痕跡。
発掘現場の横は畑になって
野菜が元気に育っていました。
こうした野菜が古代遺跡に向かって、根を伸ばしていく!?
そう思うと、なんだか、土の中は栄養だけでなく
ロマンがいっぱいです。

アジサイ「てまりてまり」「星花火」「ジャパーニュ ミカコ」「スカーレットマナスル」「ピンクダイヤモンド」

日本作出のアジサイのご紹介。
「てまりてまり」「星花火」
「ジャパーニュ ミカコ」
「スカーレットマナスル」
「ピンクダイヤモンド」です。

とってもきれい!!!

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
あじさい(てまりてまり)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen4.html
あじさい(ほしはなび)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen5.html
あじさい(じゃぱーにゅ みかこ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen6.html
あじさい(すかーれっとまなする)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen7.html
あじさい(ぴんくだいやもんど)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen8.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月25日

自分が変える、自分の世界 ―自分が主体となる医療の在り方

自分で世界そのものを変えることはできなくても
自分の認識から生まれる世界を変えることはできるんだなあって
思うことがありました。

それは2017年6月23日配信のしあわせ患者学研究所
高宮潤子さんのポッドキャスト。
第10回『医者と患者はコーチと選手』

潤子さんは過去、主治医選びにとても苦労されて
受診がストレスになったこともあったそうです。
でも今は医師の診察を受けるのが
楽しくて、待ち遠しいと思うようになったそうです。
笑顔になれるって。

それは、なぜ?なぜ?

もちろん信頼できる主治医に出会えたということも
あるとは思いますが、
潤子さんの意識が変わったことが大きいようです。
自分が主体に変わっていったということ。
なりたい自分に向かって、そのためには
どんな医療のプロのサポートが必要か?

そういう意識で、医師を選び
病院に向かうようになったそうです。


そしてもう一つ
治る病気なら、治す。
では現代医学ではまだ、完治に至らない病気なら…?

そこで諦めて自暴自棄になるのではなくて
どういう状態なら自分がハッピーか?
そう考えていくこと。
そういう潔い意識の切り分けが
できるようになったことが
笑顔が増えるとても大きな原動力に
なったのだろうと思います。

潤子さんが自己免疫性疾患を発症されたのは大学生の頃。
受診の時に笑顔が増えたのが数年前ということは
もう20年近く、苦しい時期が続いていたってことだなあ…
それは本当にどんなに大変だったことだろう。

でもそういう時期を経たからこそ
自分で見つけた道は
自分にとって揺るぎなく開かれた道なんだと思う。
それに、自分の選択した道は
それを苦労と思うのではなくて
自分のなすべきこと、って当たり前のように
受け止められるのかもしれない。
たとえ、どれほど困難が伴うとしても。



詳しくはこちらをどうぞ。


しあわせ患者学研究所 高宮潤子さん
2017年6月23日配信ポッドキャスト
第10回『医者と患者はコーチと選手』

唐草蒔絵置物台

サントリー美術館(東京・赤坂)の
「神の宝の玉手箱」より
印象的だったものをご紹介。
こちらで紹介したウィーン万博出品物、
海難事故後、引き揚げが行われたのは
沈没してから1年以上たってからの話だそうです。

国立国会図書館サイト内のウイーン万国博覧会ページによると
遭難したのは明治7年3月20日未明で、
伊豆半島沖にて暴風雨のためフランス郵船ニール号が座礁し、
乗客乗員90名と出品物192箱が海に投げ出されてしまったとのこと。

4名が救命ボートで難を逃れ,1名が救助されたそうです。
海に眠るままとなった方々とその遺族は
本当に無念だったことでしょう。

そして明治8年引き上げられた陶磁器や漆器等の68箱分のうち
今回展示されていたのは「唐草蒔絵置物台」。

約1年もの間、海水に浸かっていたとは想像できないほど
唐草の細かい文様が鮮明に残っていました。

もちろん引き上げ当時のそのままではなく
いくらか修復されたのだろうとは思います。
しかし歪みや破損の痕など、まったく感じられないもの。
こちら会場解説板にはその理由として
「漆塗りと蒔絵の堅牢さ」と表現されていました。

どなたの所有物だったのでしょう?
でも「置物台」と言われたら
その上に何か美術品など乗せるべきものが想定されていたはず。
いわゆる「裏方」の使命を持つ台ではありますが
こうして海から引き揚げられて、この世に蘇ったこの台、
裏方どころか、大本命みたいな、
何かとてつもなく大きな力を潜ませているように思えます。


東京国立博物館HPに画像が収載されています。
http://webarchives.tnm.jp/imgsearch/show/C0025702


------*------*------*------*------*------
唐草蒔絵置物台
一基
江戸時代 19世紀 
東京国立博物館蔵
サントリー美術館(東京・赤坂)
「神の宝の玉手箱」出展品
------*------*------*------*------*------
posted by Lana-Peace at 15:56| アート / 歴史 絵画・彫刻・陶芸

籬菊螺鈿蒔絵手箱図

サントリー美術館(東京・赤坂)の
「神の宝の玉手箱」より
印象的だったものをご紹介。


籬菊螺鈿蒔絵(まがききくらでんまきえ)手箱図です。

こちら「箱」ではなくて「箱の図」なのですが
この話、実にロマンを秘めたストーリーがあります。

そもそも「籬菊螺鈿蒔絵手箱」は源頼朝の妻、政子ゆかりの品。
鎌倉の鶴岡ケ八幡宮で大切に保管され、伝えられてきたそうです。
時に明治6(1873)年、ウィーン万博に出品され、
日本へ帰国する際、その船が伊豆沖で座礁し、
あえなく沈没。出品物は海の底へと沈んでしまったのです。
その後、捜索が行われ、引き揚げ回収されたものもありましたが
残念ながら籬菊螺鈿蒔絵手箱は海の中に眠ったまま。

平成になって復元が行われたそうですが、
そのもとになったのが、籬菊螺鈿蒔絵手箱図です。

籬菊螺鈿蒔絵手箱図をかつてどなたが
描き残したものかはわかりません。
でも文様や大きさなど文様や大きさなど
細かく記録された物。
今はカメラ、ビデオ、その他いろんな手段で
情報を保存することができるけど
昔は情報を残すだけでも、骨を折る大仕事ですね。

丁寧で几帳面な仕事ぶりが伝わる図です。


文化遺産オンラインHPに画像があります。
http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/274416


------*------*------*------*------*------
籬菊螺鈿蒔絵手箱図
一巻
江戸時代 19世紀 
鎌倉国宝館 蔵
サントリー美術館(東京・赤坂)
「神の宝の玉手箱」出展品
------*------*------*------*------*------
posted by Lana-Peace at 15:52| アート / 歴史 絵画・彫刻・陶芸

瑞花双鳳五花鏡・梅花文鏡筥の出土当時

こちらで「瑞花双鳳五花鏡・梅花文鏡筥」について取り上げましたが、
昨日、船橋市郷土資料館に行ってみたところ、
館内に置かれていた過去の特別展パンフレットの中に
当時の出土写真などがありました。

そちらを元に、写真追加しました。
過去の遺物と当時の人々の思いって
あらためてすごいことだなあと思います。


アート・歴史から考えるグリーフケア
瑞花双鳳五花鏡・梅花文鏡筥
(船橋市郷土資料館蔵)
http://www.lana-peace.com/2/2-4-029.html

2017年06月23日

「片輪車双鳥鏡」「片輪車螺鈿蒔絵手箱 模造」「片輪車螺鈿手箱 模造」

サントリー美術館(東京・赤坂)の
「神の宝の玉手箱」より
印象的だったものをご紹介。

レモンの輪切りのような文様は
片輪車(かたわぐるま)文。
そのいわれは牛車の車輪を乾燥から防ぐため
川に浸していた風景を意匠化とのこと。
「片輪車双鳥鏡」(※1)は12世紀の作品です。

京都国立博物館のHPに収載されています。
http://syuweb.kyohaku.go.jp/ibmuseum_public/index.php?app=shiryo&mode=detail&data_id=17434

日常のありふれた生活風景の中から
その場面を切り取って美術品に用いる意匠に仕立て上げるって
昔の人は実にすばらしい感性と才能を持っていたんだなあと
しみじみ思う作品でした。

そして片輪車の手箱は明治時代、小川松民氏によって
螺鈿の手箱として模造再現されています。
模造と言ってもその詳細を忠実に再現できる
表現力と技術力の高さは素晴らしいですね!

「片輪車螺鈿蒔絵手箱 模造」(※2)には、
波間に浮かぶ車輪の文様、
一部が螺鈿で再現されています。

東京国立博物館HPに収載されています。
http://image.tnm.jp/image/1024/C0035118.jpg

そしてこちらの小川氏のもう1つの作品
「片輪車螺鈿手箱 模造」(※3)は
車輪の線描の部分が螺鈿で再現されていました。

何百年もの意匠を再現できる力って本当にすごいですね。


※1
------*------*------*------*------*------
片輪車双鳥鏡
一面
平安〜鎌倉時代 12世紀
京都国立博物館蔵
サントリー美術館(東京・赤坂)
「神の宝の玉手箱」出展品
------*------*------*------*------*------

※2
------*------*------*------*------*------
片輪車螺鈿蒔絵手箱 模造
一合
明治11年頃(1878)
小川松民 作
東京国立博物館蔵
サントリー美術館(東京・赤坂)
「神の宝の玉手箱」出展品
------*------*------*------*------*------

※3
------*------*------*------*------*------
片輪車螺鈿手箱 模造
一合
明治13年(1880)
小川松民 作
東京国立博物館蔵
サントリー美術館(東京・赤坂)
「神の宝の玉手箱」出展品
------*------*------*------*------*------
posted by Lana-Peace at 07:55| アート / 歴史 絵画・彫刻・陶芸

「二重亀甲有字紋散蒔絵角赤手箱」

サントリー美術館(東京・赤坂)の
「神の宝の玉手箱」より
印象的だったものをご紹介。

蒔絵の箱には六角形の中に有の文様が。
出雲大社の神紋として用いる亀甲文は
大社の祭神オオクニヌシノカミの恵みが
六方にあまねく広まるという意味なのだそうです。

シンプルな文様でも深い意味が込められているのですね。

そして箱の上蓋の側面と、
下箱の側面端の隅にハートの文様。
黒い箱に赤い文様が実にビビッドできれいです。

------*------*------*------*------*------
二重亀甲有字紋散蒔絵角赤手箱および内容品
一具 
江戸時代  18世紀
出雲大社蔵(島根)
サントリー美術館(東京・赤坂)
「神の宝の玉手箱」出展品
------*------*------*------*------*------
posted by Lana-Peace at 07:50| アート / 歴史 絵画・彫刻・陶芸

鼠草子絵巻 第五巻

サントリー美術館(東京・赤坂)の
「神の宝の玉手箱」より
印象的だったものをご紹介。


「鼠草子絵巻」は、人間の女性と結婚した主人公の鼠の物語。
夫が鼠であることを知った妻は
夫を残して立ち去ってしまったのでした。
展示されていたのは、妻なき後、
途方に暮れる鼠主人公の様子が描かれていた場面。

右ひざを立てて座り、右手を額の前に持って行って
「まいったな…」と途方に暮れる様子。
鼠の悲哀が実にリアルに感じられる絵巻です。
黒の烏帽子に水色と白の着物、臙脂色の狩衣を
着ている鼠の権頭(ごんのかみ)。
手先や首の傾げ方とか、軽妙です。

絵巻のそのページはサントリー美術館の
ツイッターにも登場します。
https://pbs.twimg.com/media/DBhVa3cUIAAYbrJ.jpg:large

ウイットに富んで、
そして細かく丁寧に描かれた絵。
どなたが制作されたのだろう…?

気になる、気になる作品でした。

------*------*------*------*------*------
鼠草子絵巻 第五巻
五巻のうち一巻
室町〜桃山時代 16世紀
サントリー美術館蔵
サントリー美術館(東京・赤坂)
「神の宝の玉手箱」出展品
------*------*------*------*------*------
posted by Lana-Peace at 07:48| アート / 歴史 絵画・彫刻・陶芸

アジサイ「ハッピーフレンド」「ジューンブライド」「未来」

6月中旬訪れたとしまえんのあじさい園(東京 練馬)は
一面にあじさいが咲並ぶ丘があって
とってもきれいでした。
こんなにたくさん種類があるんだなあーって
びっくりです。

としまえんのあじさいたち。
これから少しずつ毎日ご紹介したいと思います!

今日は日本作出のアジサイ
「ハッピーフレンド」「ジューンブライド」「未来」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あじさい(はっぴーふれんど)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen1.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あじさい(じゅーんぶらいど)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen2.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あじさい(みらい)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen3.html
http://www.keiko-cafe.com/

「テングダイ」「ポークフィシュ

縞模様のきれいなお魚のご紹介。
テングダイとポークフィッシュです。
気持ちよさそうに泳いでいたよ。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」てんぐだい
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-382.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」ぽーくふぃっしゅ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-383.html
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/kuruma-78.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月22日

梅の花に託された弔いと故人への思い ―「瑞花双鳳五花鏡・梅花文鏡筥」(船橋市郷土資料館蔵)

先日、東京 赤坂 サントリー美術館で
開館10周年を記念して開催されていた
「神の宝の玉手箱」に行ってみました。

DSC08947.JPG


その中に千葉県船橋市の印内台遺跡群から発掘された
「瑞花双鳳五花鏡・梅花文鏡筥」が展示されていました。

平安時代の土坑墓に埋納されていたそうですが
実に見事なもので驚きました。
また、筥に納められた形で出土する鏡は
とても珍しいそうです。

梅の文様があしらわれた鏡と鏡筥。
そこには亡くなった方への弔いの気持ちや
永遠の再生を願う気持ちが
込められているようでした。

詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考えるグリーフケア
「瑞花双鳳五花鏡・梅花文鏡筥(船橋市郷土資料館蔵)」
http://www.lana-peace.com/2/2-4-029.html

トーイング・トラクター

飛行機がバックする時に大活躍する
トーイング・トラクターのご紹介。
1台でなんと400馬力もあるそうです!

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(りく)」
とーいんぐ・とらくたー
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/kuruma-78.html
http://www.keiko-cafe.com/

バラ「ロサ ガリカ オフィキナーリス」「ロサ ガリカ ウェルシコロール(ロサムンディ)」「アルバ マキシマ」「ヒュームズ ブラッシュ ティー センテッドチャイナ」「マダム ルグラ ドゥ サンジェルマン」

昨日に引き続き、今日も
昔、昔に生まれたバラのご紹介。

「ロサ ガリカ オフィキナーリス」
「ロサ ガリカ ウェルシコロール(ロサムンディ)」
「アルバ マキシマ」
「ヒュームズ ブラッシュ ティー センテッドチャイナ」
「マダム ルグラ ドゥ サンジェルマン」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら(ろさ がりか おふぃきなーりす)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka146.html
ばら(ろさ がりか うぇるしころーる(ろさむんでぃ))
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka147.html
ばら(あるば まきしま)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka148.html
ばら(ひゅーむず ぶらっしゅ てぃー せんてっどちゃいな)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka149.html
ばら(まだむ るぐら どぅ さんじぇるまん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka150.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月21日

日光を求めて伸び行くゆりの姿 ―ところざわのゆり園から考える

2017年6月中旬、埼玉県所沢市にある「ところざわのゆり園」に
行ってみました。敷地面積約3万平方メートルに約45万株もの
ゆりが植えられているそうです。
日陰近くのゆりたちは、
一斉に太陽の方向に向かって咲いていました。
何だかその姿は健気だし、
そしていろんなことを教えてくれるようでした。

詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
病気と一緒に生きていくこと
「日光を求めて伸び行くゆりの姿」
http://www.lana-peace.com/1/1-1-099.html

フンボルトペンギン

水族館でよく見かけるフンボルトペンギン。
その様子はほんとにかわいいよ。
今日は食事したり、ひなたぼっこしたり、仲間と一緒に遊ぶ
フンボルトペンギンのご紹介。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」ふんぼるとぺんぎん(しょくじ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-287.html
「いっしょにあそぼ とり」ふんぼるとぺんぎん(ひなたぼっこ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-288.html
「いっしょにあそぼ とり」ふんぼるとぺんぎん(なかよし)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-291.html
http://www.keiko-cafe.com/

100年以上前に生まれたバラ「ファンタン ラトゥール」「ロサ ケンティフォリア」「シャルル ドゥ ミル」「ローズ ドゥ レッシュ」「ロサ エグランテリア」

100年以上前に生まれたバラのご紹介。
中には450年以上前に生まれたバラもあります。
昔の人も同じバラを見ていたのかなあと思うと
感慨深いね。

「ファンタン ラトゥール」
「シャルル ドゥ ミル」
「ローズ ドゥ レッシュ」
「ロサ ケンティフォリア」
「ロサ エグランテリア」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら(ふぁんたん らとぅーる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka141.html
ばら(しゃるる どぅ みる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka143.html
ばら(ろーず どぅ れっしゅ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka144.html
ばら(ろさ けんてぃふぉりあ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka142.html
ばら(ろさ えぐらんてりあ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka145.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月20日

親だからできること ―良い波動を発する母

お子さんが長い間入院していると
日々面会に通う親御さんは
「私はこの子にいったい何ができるんだろう」って
無力感を感じる方もいらっしゃいます。
でも、親だからできることってあるなーと
思う出会いがありました。

そのお母様の声はとってもあったかくて朗らかでした。
普通にお話していても、
何だかこっちまでニコニコが伝染してきちゃうような
ポジティブな雰囲気が漂っている感じ。
もちろん今まで、お子さんの病気のことで
落ち込んだり悩んだことも、たくさんあったのです。
でも、それをいつまでも引きずるわけではなくて
毎日を過ごしていらっしゃる様子。

その秘訣は何だろうなあ。
元々の人柄?
うーん。確かにそれもある。
でもでも、彼女のお話をずっと聞いているうちに
気付いたことがありました。
彼女は日頃の何気ないことに対して
「感謝」を口にしているのです。

どなたかが、たとえば親切心から
あるいは何とか力になりたいと思って
行われる行為に対して
素直に受け止めて感謝されているのです。
日本人にありがちな、
「いえいえ、そんな、そんな、結構です…」とか
「自分でやりますから…」みたいなことじゃなくて
「ありがとうございます!」
「おかげさまで…!」

そんな風に明るく、感謝の言葉をお話されていました。

そういう気持ちで過ごしていると
話す言葉もポジティブだし
それに自らが発する気も
非常に良いものへと向上しますね。

お母様が自分自身、発光体、発電所みたいな感じ。
そんなポジティブなお母様の発する
良い波動の声に包まれていると
お子さんも元気がどんどんたまっていくものね!
波動はとっても大事だと思う。

そして医師が波動を授けるわけじゃなくて
親御さん自らが出すってことが大事。

新しい治療きっとうまくいく!
チャンスの神様の前髪も後ろ髪も、
みんなつかんで、どんどん幸せになっていくね!

棒の上にとまる赤トンボ

トンボの手足はとっても細いのに、
斜めになっている棒の先にも
上手に滑らないでとどまっていられるのは
どうしてなんだろうなあ。

バラ園で棒の上にとまっていた赤トンボをご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」ぼうのてっぺんにとまるあかとんぼ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-208.html
http://www.keiko-cafe.com/

バラ「オデュッセイア」「イエライシャン(夜来香)」「ベラ ドンナ」「真夜」「シェエラザード」「シュー ラ ネージュ」「「ゆきっこ」「王朝」「紫雲」

日本作出のバラの花のご紹介。
「オデュッセイア」「イエライシャン(夜来香)」
「ベラ ドンナ」「真夜」「シェエラザード」
「シュー ラ ネージュ」「「ゆきっこ」
「王朝」「紫雲」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
バラ(おでゅっせいあ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka132.html
バラ(いえらいしゃん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka133.html
バラ(べら どんな)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka134.html
バラ(まよ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka135.html
バラ(しぇえらざーど)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka136.html
バラ(しゅー ら ねーじゅ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka137.html
バラ(ゆきっこ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka138.html
バラ(おうちょう)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka139.html
バラ(しうん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka140.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月19日

「ドール」「ホンドギツネ」「ヤブイヌ」

犬の仲間「ドール」「ホンドギツネ」「ヤブイヌ」のご紹介。
よこはま動物園ズーラシアにいました。
どことなく似ていて、どことなく違う。
動物って不思議だね。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」どーる
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/dhole.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」ほんどぎつね
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/hondogitsune.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」やぶいぬ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/yabuinu.html
http://www.keiko-cafe.com/

「スピリット オブ ワンダー」「しのぶれど」「ヒーリング」「フレグランス オブ フレグランシズ」「かおりかざり」「ラ マリエ」「芳純」

日本作出のバラの花のご紹介。
「スピリット オブ ワンダー」
「しのぶれど」「ヒーリング」
「フレグランス オブ フレグランシズ」
「かおりかざり」「ラ マリエ」「芳純」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら(すぴりっと おぶ わんだー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka125.html
ばら(しのぶれど)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka126.html
ばら(ひーりんぐ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka127.html
ばら(ふれぐらんす おぶ ふれぐらんしず)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka128.html
ばら(かおりかざり)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka129.html
ばら(ら まりえ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka130.html
ばら(ほうじゅん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka131.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月18日

ヘルパーさんがもたらす幸せ

誰かの助けを得るって、
実は何となく気が引ける人もいるかもしれない。
なかなか一歩踏み出せないかもしれない。
でも、その一歩によって得られるものは
生活の便利さや快適さだけでなく
心の中の新風かも知れません。

「しあわせ患者学研究所」の高宮潤子さんのポッドキャストを聴いて
そう思いました。
潤子さんは身体が思うように動かなくなって6年目に
介護保険のシステムを使って、
ヘルパーさんをお願いするようになったそうです。
それまではヘルパーさんにお願いすることに対して
どうもためらいがあったようなのだけど
実際利用するようになってからは、
自分らしい生活が誰かのサポートによってできる嬉しさを
ひしひしと感じられるようになったそうです。

そして潤子さんのご主人も
自分が外に仕事に出ている間、
奥様がどう過ごしているかなって気がかりな時に
信頼できるヘルパーさんが奥様の元にきてくれることに
とっても安心感を感じるのだそうです。


潤子さんは、ヘルパーさんのサービスを利用して
共に生きる仲間というつながりを感じられて
ヘルパーさんが来られるのが待ち遠しいと思うようになったそうです。
いくらネットや電話があったとしても
どうしても外出の機会が減ると
人との直接の出会いが減ってしまいがちだものね。


そういうヘルパーさんとの出会いはとても貴重ですね。
快適に過ごせて、心に余裕が生まれてくると
何かチャレンジしたいと思える気力や体力が
自分にも湧いてくる。
それはますます貴重な宝物!




詳しくはこちらをどうぞ。
しあわせ患者学研究所 高宮潤子さんポッドキャスト
2017年6月2日 第六回『ヘルパーさんとの楽しい生活』

2017年06月16日

「サドルラス」「スミツキゴンベ」「スポットフィンホグフィッシュ」「ホースシューレザージャケット」

美しい色や模様の魚のご紹介。
「サドルラス」「スミツキゴンベ」
「スポットフィンホグフィッシュ」
「ホースシューレザージャケット」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」さどるらす
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-419.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」すみつきごんべ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-420.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」すぽっとふぃんほぐふぃっしゅ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-421.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」ほーすしゅーれざーじゃけっと
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-422.html
http://www.keiko-cafe.com/

バラ「モーティマー サックラー」「ストロベリー ヒル」「キャスリンモーレー」「セプタードアイル」「プリンセス アレキサンドラ オブ ケント」「ボスコベル」「アイバンホー」「ムンステッド ウッド」「ミセス ジョン レイン」「ガートルード ジェキル」「ジュード ジ オブスキュア」「レディ エマ ハミルトン」「オレンジサンセット」

イギリス作出のピンクとオレンジのバラの花のご紹介。
バラ「モーティマー サックラー」「ストロベリー ヒル」「キャスリンモーレー」「セプタードアイル」「プリンセス アレキサンドラ オブ ケント」「ボスコベル」「アイバンホー」「ムンステッド ウッド」「ミセス ジョン レイン」「ガートルード ジェキル」「ジュード ジ オブスキュア」「レディ エマ ハミルトン」「オレンジサンセット」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら(もーてぃまー さっくらー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka112.html
ばら(すとろべりー ひる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka113.html
ばら(きゃすりんもーれー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka114.html
ばら(せぷたーどあいる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka115.html
ばら(ぷりんせす あれきさんどら おぶ けんと)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka116.html
ばら(ぼすこべる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka117.html
ばら(あいばんほー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka118.html
ばら(むんすてっど うっど)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka119.html
ばら(みせす じょん れいん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka120.html
ばら(がーとるーど じぇきる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka121.html
ばら(じゅーど じ おぶすきゅあ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka122.html
ばら(れでぃ えま はみるとん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka123.html
ばら(おれんじさんせっと)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka124.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月15日

「ナギイカダ」「ポリスキアス クリスパ」「サイカチ」「カラタチ」 

枝や葉っぱのとげが特徴的な木のご紹介。
自分の身を外敵から守るためなのかな?

「ナギイカダ」「ポリスキアス クリスパ」
「サイカチ」「カラタチ」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」なぎいかだ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-319.html
「いっしょにあそぼ き」ぽりすきあす くりすぱ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-296.html
「いっしょにあそぼ き」さいかち
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-312.html
「いっしょにあそぼ き」からたち 
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-307.html
http://www.keiko-cafe.com/

バラ「スキャボロー フェア」「サリー ホームズ」「ウィンダミア」「クロッカスローズ」「アンブリッジ ローズ」「アブラハム ダービー」「セントセシリア」「ポールズ ヒマラヤン ムスク ランブラー」「レダ」「クレア オースチン」

イギリス作出のバラの花のご紹介。
「スキャボロー フェア」「サリー ホームズ」
「ウィンダミア」「クロッカスローズ」
「アンブリッジ ローズ」「アブラハム ダービー」
「セントセシリア」
「ポールズ ヒマラヤン ムスク ランブラー」
「レダ」「クレア オースチン」です。



病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら「すきゃぼろー ふぇあ」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka101.html
ばら「さりー ほーむず」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka102.html
ばら「うぃんだみあ」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka103.html
ばら「くろっかすろーず」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka104.html
ばら「あんぶりっじ ろーず」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka105.html
ばら「あぶらはむ だーびー」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka106.html
ばら「せんとせしりあ」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka107.html
ばら「ぽーるず ひまらやん むすく らんぶらー」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka108.html
ばら「れだ」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka110.html
ばら「くれあ おーすちん」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka111.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月14日

縄文時代の伏甕・埋設土器(盛岡県内の遺跡から出土・盛岡市遺跡の学び館蔵)

縄文時代、人々は夭逝したこどもたちの命を、
自分たちの暮らす場所の近くに葬っていたそうです。
それは「伏甕(ふせがめ)」とか「埋設土器」として今に伝わっています。
2014年5月、盛岡市遺跡学びの館を訪れた時、
初めてその違いを知りました。

そして、何千年もの時を経て発掘された甕や土器。
全体的な形をきれいに保ったまま出土するのには
理由があるそうです。
単に壊れて破棄された土器が出土するのではなくて
埋めることを目的に、きちんと埋められていた、ということ。
その裏にある人の気持ちを考えると
出土した甕や土器が
切なる親心を語リかけてくるかのようでした。

詳しくはこちらに書きました。



Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考えるグリーフケア
「伏甕・埋設土器
(盛岡県内の遺跡から出土・盛岡市遺跡の学び館蔵)」
http://www.lana-peace.com/2/2-4-028.html

四柱神社の鳩

長野県松本市の四柱神社には鳩がたくさん。
神社本殿の屋根の上も、境内の高い木にも。
元気できれいな鳩でした。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」はと 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-281.html
「いっしょにあそぼ とり」はと 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-282.html
「いっしょにあそぼ とり」はと 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-283.html
http://www.keiko-cafe.com/

バラ「グラハム トーマス」「モリニュー」「エリナ」「ザ ポエッツ ワイフ」「シャーロット オースチン」「ティージング ジョージア」「ゴールデンセレブレーション」「ナイスン イージー」「ザ ラーク アセンディング」「ウィリアム モーリス」

イギリス作出のバラの花のご紹介。
「グラハム トーマス」「モリニュー」
「エリナ」「ザ ポエッツ ワイフ」
「シャーロット オースチン」
「ティージング ジョージア」
「ゴールデンセレブレーション」
「ナイスン イージー」
「ザ ラーク アセンディング」
「ウィリアム モーリス」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら(ぐらはむ とーます)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka91.html
ばら(もりにゅー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka92.html
ばら(えりな)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka93.html
ばら(ざ ぽえっつ わいふ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka94.html
ばら(しゃーろっと おーすちん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka95.html
ばら(てぃーじんぐ じょーじあ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka96.html
ばら(ごーるでんせれぶれーしょん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka97.html
ばら(ないすん いーじー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka98.html
ばら(ざ らーく あせんでぃんぐ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka99.html
ばら(うぃりあむ もーりす)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka100.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月13日

普段面会に行けない父親だからできること

お母様が専業主婦でお父様が外に働きに出ている場合
どうしても、入院中のお子さんの面会は
お母様が中心になってしまいます。
だったら、父親も仕事をずっと休めばいいじゃないかー
そういう意見もあるでしょう。
確かにそれができる人もいるでしょう。
とはいえ、世の中そういうご家族ばかりではない。

医師からの説明を一人で聞くお母様は
不安になったり、心配が募って
時にはイライラしたり、怒りっぽくなったり…
だって心細いものね。

でもでも、
そこからが父親の活躍する出番と思うのですよ。
仕事から帰ってみたら、奥様の様子が何か違うぞって気付く。
どうしたんだろう、何かあった?
奥様の揺れる心をいち早くキャッチして
まずは話を聞ける立場にいるのが父親だと思うのです。
そして、お父様なりの視点を伝えてみる。

それは、思いのほか、大きな効果をもたらします。
まっすぐにしか見えていなかったお母様の心を
右、左、ぐんと広げて、もうちょっと視線を先まで見通せるようにしてくれる。

そうして焦りや怒りを翌日まで持ち込まないようにすることによって
お母様は次の日フレッシュな気持ちでスタートできて
お子さんの元へ面会に行ける、という流れにかわっていきます。

それはもしかしたら、
病院で過ごすお子さんにとって
一番望んでいる、ハッピーになれる方法かなーと思うのです。

お母様を支えることが、引いてはお子さんを支えることになる。
それはお父様だからできること。

先日お目にかかったお母様のお話をうかがって
そのように思いました。

二人でそうやって解決していく歩みは
きっと力強い歩みになれるものね。

新しい治療、うまくいくね!きっと。

モーバンヒル(バラ)と蜂

モーバンヒルというバラの花に
蜂がとんできたよ。
淡い黄色の花の中に
山吹色と茶色の縞々の蜂。

なんだか蜂がお花の中に
溶け込んでいるかのようでした。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」ばらとはち
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-205.html
http://www.keiko-cafe.com/

バラ「パスカリ」「ベルイジス」「フェリスィテ パルマンティエ」「ブルーズ パルファン」「ブリリアント ピンク アイスバーグ」「ピンク アイスバーグ」「イングリッドバーグマン」「セレスティアル」

ベルギー、イタリア、オーストラリア、
デンマーク、オランダ作出のバラの花のご紹介。
「パスカリ」「ベルイジス」
「フェリスィテ パルマンティエ」
「ブルーズ パルファン」
「ブリリアント ピンク アイスバーグ」
「ピンク アイスバーグ」
「イングリッドバーグマン」「セレスティアル」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら(ぱすかり)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka84.html
ばら(べる いじす)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka85.html
ばら(ふぇりすぃて ぱるまんてぃえ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka86.html
ばら(ぶるーず ぱるふぁん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka87.html
ばら(ぶりりあんと ぴんく あいすばーぐ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka88.html
ばら(ぴんく あいすばーぐ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka89.html
ばら(いんぐりっどばーぐまん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka90.html
ばら(せれすてぃある)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka109.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月12日

山本達彦氏 MANDALA LIVE 2017 Live en Quatre Saisons・été(2017/6/10)

先週土曜日、山本達彦さんの153回目の南青山マンダラライブに
行ってきました。

黒のジャケットとパンツに、
胸元の深い白いシャツで登場した山本さんですが
今回のライブは随所で山本さんの優しさや
気遣いが現われたトークがいっぱい。

最初のトークでは、室内冷房への気遣いのアナウンス。
「無理しないで」とおっしゃったのが印象的でした。
今年3月のマンダラライブでは、
ライブの半ばで具合が悪くなった方がいらっしゃったからかな。
そういうさりげない優しさが、また山本さんらしいけど。

この時期のライブにいつも用意される、ご自宅の庭の紫陽花は
今年、開花が間に合わなかったそうで
青山のショップで購入されたとお話されてました。
山本さんのセンスで選ばれたのか青、紫、白の美しい
アジサイはピアノの後方でひっそりと存在感を放っていました。

DSC08985.JPG

さてマンダラライブでは以前と同じ曲が歌われることもあるけど、
「僕も成長しているし、みんさんも違う感覚で聴いてくれるかな。」
と前置きされていました。
同じ曲なのに、そのアレンジがその都度微妙に違って
それがとっても「わー、そういうアレンジなの!」とか
「意外だけどすごく良いなあ!」
「意外じゃないけど、定番だけどやっぱりそれも良い。」みたいなものばかり。

「LADY」は山本さんのピアノと戸川智章さんのベースの
絡み合いがとても軽快で映画を見ているような展開
「密室のタンゴ」はとっても大人で素敵なアレンジ。
原曲よりも、更に磨かれてもっとカッコいい感じ。

その都度、工夫されているというそのアレンジ、
楽譜が販売されていたら毎回、買うのになあ。

山本さんは切ない詩でも
さらっと歌えることを目標にしているそうですが
「修行が足りずに、一皮二皮、向けていない。
紫陽花のように色を変えていけるかどうか、
これからの人生」
そんな風におっしゃっていました。
ベテランの領域にいらっしゃっても
そういうさらりと謙虚な所が、
やっぱり「できる大人は違うなあ」と思ってみたり。

アレンジについて山本さんのお話では
録音当時とは違ったスローテンポにして、
楽器編成も減らすことで
「より情緒的な感じになって、声も大人な感じで、説得力があるかな」
ですって。確かにその通り!

中崎英也さん作曲の「Flash back」と
小森田実さん作曲の「ミッシング・ウィスパー」は
空気感が一変するほど大人カッコいいアレンジ。
ドライブに行きたいなあって感じ。

そしてライブ本編の最後の四曲は
山本さんなりのストーリー構成が紹介されました。
ときめきで始まる恋だけど
愛するがゆえに次第に生まれる小さな不信感が
やがては別れにつながってしまい、
それでも立ち直って自分の人生を歩んでいく、というストーリー。
それは「街角」「センチメント」「HiS WOMAN」「紫陽花」の4曲。

「人というのはそういう経験をして、人生を歩んでいく。
僕も僕なりに歌いながら感じたいと思うし、
皆さんもいろんな光景を照らし合わせて聴いてほしい」
その山本さんの言葉がしみじみ
ライブ会場の空気をみたした土曜日の南青山でした。

さて、今回のマンダラライブでは
今春逝去されたかまやつひろしさんのお話にも
触れていらっしゃいました。
山本さんが大学四年生の時、
かまやつさんのサポートバンドとして参加されたそうですが
プロのソングライターとして山本さんが初めて曲を提供したのも
かまやつさん宛なんですって。
とても音楽的なことを教えてもらっただけでなく
人としても、大変影響力が大きかったようです。

「偉ぶったりすることなく、対等に人と接してくれる人で
大好きだった」「感謝しても感謝しきれない」と。

かまやつさんはちょっとしたことを
さりげなく褒めてくれたりするんですって。
それに、演奏中、相手が良いソロをしたら
本当に嬉しそうに無邪気なこどものように
にこーっと笑うんですって。
自分のことより他の人が何か良いことをした時の満面の笑み。
山本さんは「ムッシュのそういうところが
愛される理由なのかなって思う」とおっしゃってました。

山本さんがかまやつさんの曲を2曲歌われた後、
かまやつさんの遺作となった「雷門Project」の紹介で
井上日徳さんが登場されました。
31年前、井上さんがまだ22歳で
音楽家として活動を始めたばかりの頃
かまやつさんのアルバムを作るから
アレンジしてほしいと依頼があって
デモテープを渡されたそうです。
(テープっていうところが時代の長さ・重さを感じるけど)
そこで井上さんが手がけられた2曲をお渡しすると
かまやつさんは大変気に入って、
全部やってほしいとお願いされたんですって。
井上さんはそれがきっかけで仕事が大きく広がったけれど
残念ながらそのアルバムは諸事情でお蔵入り。

そして長い長い年月が経って、3年位前のある日に
井上さんのフェイスブックにかまやつさんから
友だちかも?って、連絡が来たそうです。
そしてお互い投稿をやり取りしたある日、
井上さんの旅行記事へのコメントとして
「30年前のアルバムを作りたいと思います」って
書き込まれていたんですって!

その後、30年ぶりに再会、
そして「雷門Project」のスタート。

でも病に臥せることになってしまったかまやつさんは
歌入れは2曲だけになってしまいました。
30年あたためてきた機会なのに、無念だったろうなあ。
でも、30年の思いが人生最後の最後に
形になったって、すごいことだなあとも思います。

山本さんはこんな風におっしゃってました。
「かまやつさんの精神は、こうやって受け継がれているから…」
「やりたいことをやりきったんだな、
 完全に自分のいい感じで燃えつきたんだなと思う。」

山本さんのボーカル、ピアノ、
戸川さんのベースと井上さんのギター、エレキ、コーラスで
セッションが始まりました。
「大好きなムッシュのために僕なりに精一杯歌ってみたいと思う」って。

「深紅の地軸」と「架空の陶酔」です。

今の山本さんがこうして活躍する最初の布石となった時期
40年くらい前、かまやつさんとの出会いが
山本さんにとって本当に貴重だったんだなあ。
それに対する御恩返しの意味もあったのだろうなあ。

山本さんはかまやつさんのことを
「好奇心の旺盛な人。人間として美しいなと思う。
まだまだ僕はなかなか優しい感じになれない。」
そんな風におっしゃっていました。

人が人をつなぎ、
新しい何かを生み出し
古い何かを受け継いでいく。
そのスピリットはいろんな形となって、
いろんなところで命を得て
続いていくんだなあ…
そう思いながら、3人のセッションを聴きました。

人のつながりとか、時間の重さとか
考えるきっかけとなったひとときでした。

今回の山本さん、時にお茶目な日常生活の一面のお話も交えながら
歌声は実に美しい甘い声でした。
ピアノの旋律はしみじみ染み透るようでした。

私は自分ががんと言われてから、
自分の時間を意識するようになって
山本さんのライブに行くようになったのはちょうど3年前。
南青山に到着するたびに
「ああ、前回から1クオーター私も生きたんだな」って
反芻しながら、山本さんの歌声を聴いていたけど
自分がこうして充実した3年間をおくれているのは
きっと、山本さんの音楽のおかげもあるんだなって思います。
これは最新の何とか療法、みたいなものより
すごいことだぞと、私は勝手に確信しております。


どうかお元気に、これからもずっと輝いて活躍されますように!
posted by Lana-Peace at 19:47| アート / 歴史 音楽

六本木でリーズナブルで健康なおいしいごはん「伊賀の里モクモク手づくりファーム」

先日、六本木のサントリー美術館に出掛けたのですが
(その話はまた今度)
六本木でリーズナブルな値段で
身体に良さそうでおいしいご飯をいただけるところは
ないかなーと探していたら
サントリー美術館が入っている東京ミッドタウン館内に
とっても良いところを見つけました。
「伊賀の里モクモク手づくりファーム」です。

DSC08969.JPG


B1Fにあるお店は、お惣菜を持ち帰ってもいいし
イートインで中でお弁当をいただくこともできます。

DSC08948.JPG

中はあったかい雰囲気のイートインです。

DSC08962.JPG

「モクモクごはん」(税込1,080円)
ごはんは雑穀ごはんか酵素玄米ご飯を選べます。
私は玄米を選びました。
もちもちでかつ食べやすいおいしい玄米。

お惣菜はメインとサラダを各1種。
そして特製スープつき。
当日は野菜とソーセージのコンソメ仕立てスープでした。

どれも、おいしい!
素材もこだわって、丁寧に作った料理だなあと実感。

配膳される際、お弁当のふたは裏返して登場しますが、
よく見てみると、とてもいいこと書いてあります。

DSC08960.JPG

割り箸はなんと国産ヒノキで作られているようで
間伐された物をうまく利用しているのでしょうか。きっと。

DSC08950.JPG


なおイートインでモクモクごはんを注文する時
サントリー美術館の入場券を見せると
イートインで当日なんとミニソフトクリームが無料でいただけます。
こちらモクモク牧場の30頭のジャージー牛から
毎朝・毎夕搾乳した生乳から作られているそうです。

DSC08961.JPG

ミニと言ってもかなり大きいです!
濃厚だけど後味さっぱり。
とてもおいしいアイスで、お得感満載!

そしてサービスで冷たい麦茶とあたたかいほうじ茶をいただけます。
麦茶は4つの釜で丁寧に焙煎を重ねて香りを引きだし、
丸粒の麦を使って、余計な雑味がない仕上がりを目指しているのだとか。
ほうじ茶は契約のお茶農家さんが心をこめてつくったものが
使われているとのこと。
どちらも、実に清々しくておいしいお茶。

おばちゃんのお一人様六本木でも
居心地良く過ごせる空間です。

サントリー美術館の帰りが楽しみになるお店の一つです。


セスジキノボリカンガルー

とってもほんわかした雰囲気の
セスジキノボリカンガルー。
ほのぼの、いい感じ!

昨年訪れたよこはま動物園ズーラシアには
世界一ご長寿のワリおばあちゃんもいるよ。
背中を丸めてお昼寝していました!

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」せすじきのぼりかんがるー 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/sesuji-k.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」せすじきのぼりかんがるー 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/sesuji-k2.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」せすじきのぼりかんがるー 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/sesuji-k3.html

バラ「ゴールドバニー」「ソリドール」「チャールストン」「テキーラ」

フランス作出のバラの花のご紹介。
「ゴールドバニー」「ソリドール」
「チャールストン」「テキーラ」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら(ごーるどばにー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka16.html
ばら(そりどーる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka17.html
ばら(ちゃーるすとん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka18.html
ばら(てきーら)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka19.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月09日

「ユビナガホンヤドカリ」「タカノケフサイソガニ」

鮮やかな色や形ではないけれど
よく見ていると、その動きは
とってもユニークで楽しいよ。

「ユビナガホンヤドカリ」「タカノケフサイソガニ」のご紹介。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」ゆびながほんやどかり
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-412.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」たかのけふさいそがに
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-413.html
http://www.keiko-cafe.com/

バラ「ローズ ポンパドール」「ブラン ドゥブル ドゥ クベール」「マミー ブルー」「リパブリック ドゥ モンマルトル」「マダム アルディ」「アルバ メイディランド」

フランス作出のバラの花のご紹介。
バラ「ローズ ポンパドール」「ブラン ドゥブル ドゥ クベール」「マミー ブルー」「リパブリック ドゥ モンマルトル」「マダム アルディ」「アルバ メイディランド」

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら(ろーず ぽんぱどーる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka78.html
ばら(ぶらん どぅぶる どぅ くべーる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka79.html
ばら(まみー ぶるー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka80.html
ばら(りぱぶりっく どぅ もんまるとる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka81.html
ばら(まだむ あるでぃ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka82.html
ばら(あるば めいでぃらんど)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka83.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月08日

AC電源車

飛行機のエアコンやライトや
メインエンジンをスタートさせるための
電力を供給するAC電源車のご紹介。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(りく)」AC(えーしー)でんげんしゃ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/kuruma-77.html
http://www.keiko-cafe.com/

バラ「イブピアジェ」「ビオレパルヒュメ」「伊豆の踊り子」「マイガーデン」「シャコック」「ビブ レ バカンス!」「ピエールドゥロンサール」「クロード モネ」「フランシス ブレイズ」

フランス作出のバラの花のご紹介。

バラ「イブピアジェ」「ビオレパルヒュメ」
「伊豆の踊り子」「マイガーデン」
「シャコック」「ビブ レ バカンス!」
「ピエールドゥロンサール」「クロード モネ」
「フランシス ブレイズ」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら(いぶぴあじぇ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka68.html
ばら(びおれぱるひゅめ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka69.html
ばら(いずのおどりこ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka70.html
ばら(まいがーでん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka71.html
ばら(しゃこっく)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka72.html
ばら(びぶ れ ばかんす!)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka73.html
ばら(ぴえーるどぅろんさーる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka74.html
ばら(くろーど もね)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka75.html
ばら(ふらんしす ぶれいず)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka76.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月07日

「マナヅル」「クロヅル」「タンチョウ」

鶴のご紹介。
マナヅル、クロヅル、タンチョウです。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」まなづる
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-272.html
「いっしょにあそぼ とり」くろづる
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-284.html
「いっしょにあそぼ とり」たんちょう
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-285.html
http://www.keiko-cafe.com/

バラ「ボニカ82・」「アンリマルタン」「ルージュ ピエール ドゥ ロンサール」「エミリアンギヨー」「デュシェス ドゥ モンテベロ」 「アルベルティーヌ」「ジャックカルティエ」 「ナエマ」

フランス作出のバラの花のご紹介。
「ボニカ82」「アンリマルタン」
「ルージュ ピエール ドゥ ロンサール」
「エミリアンギヨー」
「デュシェス ドゥ モンテベロ」
「アルベルティーヌ」「ジャックカルティエ」
「ナエマ」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
http://www.keiko-cafe.com/
ばら(ぼにか82)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka59.html
ばら(あんりまるたん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka60.html
ばら(るーじゅ ぴえーる どぅ ろんさーる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka61.html
ばら(えみりあんぎよー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka62.html
ばら(でゅしぇす どぅ もんてべろ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka63.html
ばら(あるべるてぃーぬ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka64.html
ばら(じゃっくかるてぃえ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka65.html
ばら(なえま)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka66.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月06日

大好きな子

お子さんがずっと入院していたら
はやく退院できればいいのに、って待ち遠しいけど
医療機器を必要として家で過ごす時間は
ご家族も、なかなか大変なことも多いですね。

お目にかかったお父様とお母様とお子さん、
退院から半年、自宅で共に暮らすようになって
いろんな心の変化があったようです。

お子さんの病気をどうして、どうして?って
考えはじめたら、誰にも答えはわからなくて
苦しい時間から抜け出せないもの。
でも、ご両親はある気付きを得てからは
自分自身も気持ちが楽になっていったのだそうです。


今までお子さんのことは
もちろん愛情深く育ててきたけれど
もっともっと、大切に、大事に
「大好き」っていう思いで
お子さんも包めるようになったんですって。

病気とか、そういう形容詞ではなくて
「大好きな子」って。


変えられない事実。
でも変えられる自分の視点。
そして、そこから生まれる感情。
いろいろ、模索して、勉強して
ある境地に至ったのだそうです。
そして、それはお子さんに向けるまなざしも
変えたのです。

そのお子さんは
自分たちを教えてくれるために
生まれてきてくれたんだ、って…。

病気が特別なことではなくて
病気が家族の日常で、その中で、
みんながハッピーに過ごせるために、どうするか。

できないと思っていたことも
いろいろ挑戦してみると、
楽しい思い出も増えていったそうです。


お二人のお話を伺ったら、
じーんとしてきた。
涙が出てきそうになっちゃった。
ああ、お二人は本当に苦しい時期を一緒に乗り越えて、
頑張って今に至っているんだなあって。

お子さん、とってもいい笑顔でした。
作り笑いじゃなくて、心の底から
安心して、楽しいっていう感じ。



神様、このご家族がもっともっと幸せになれますように。

ケープハイラックス

ちっちゃな動物「ケープハイラックス」
でも本当は象の仲間に近いんですって!
よこはま動物園ズーラシアにいたよ!

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」けーぷはいらっくす 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/c-h.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」けーぷはいらっくす 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/c-h2.html
http://www.keiko-cafe.com/

バラ「フローレンス デルアットル」「ラ パリジェンヌ」「フィオナーゲラン」「ポールネイロン」「ピース」「ギーサボア」「デリア」「ピアンブニュ」「ラ ローズ ドゥ モリナール」

フランス作出のバラの花のご紹介。

「フローレンス デルアットル」
「ラ パリジェンヌ」
「フィオナーゲラン」
「ポールネイロン」「ピース」
「ギーサボア」「デリア」
「ピアンブニュ」
「ラ ローズ ドゥ モリナール」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら(ふろーれんす でるあっとる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka50.html
ばら(ら ぱりじぇんぬ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka51.html
ばら(ふぃおなーげらん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka52.html
ばら(ぽーるねいろん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka53.html
ばら(ぴーす)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka54.html
ばら(ぎーさぼあ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka55.html
ばら(でりあ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka56.html
ばら(ぴあんぶにゅ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka57.html
ばら(ら ろーず どぅ もりなーる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka58.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月05日

クバマチ

青い花と紫の花にクマバチがやってきました。
一生懸命何度もトライしながら
花の蜜を吸っていました。
大きい蜂だから、近くに来ると
すぐにわかるね。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」くまばち 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-200.html
「いっしょにあそぼ むし」くまばち 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-203.html
http://www.keiko-cafe.com/

バラ「ゲーテローズ」「ヘルムットシュミット」「ポーラーシュテルン」「スノーペイブメント」

ドイツ作出のバラの花
「ゲーテローズ」「ヘルムットシュミット」
「ポーラーシュテルン」「スノーペイブメント」のご紹介。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら(げーてろーず)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka46.html
ばら(へるむっとしゅみっと)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka47.html
ばら(ぽーらーしゅてるん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka48.html
ばら(すのーぺいぶめんと)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka49.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月02日

バラ「フラウホレ」「アイスバーグ」「メルヘンケニギン」「アンジェラ」

ドイツ作出のバラの花のご紹介。
「フラウホレ」「アイスバーグ」
「メルヘンケニギン」「アンジェラ」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら(ふらうほれ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka42.html
ばら(あいすばーぐ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka43.html
ばら(めるへんけにぎん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka44.html
ばら(あんじぇら)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka45.html
http://www.keiko-cafe.com/

「ハネセンナ」「オスモキシロン・リネアレ」「サンゴノボタン」

花と言ってもいろんな形があるね。
今日のご紹介は「ハネセンナ」
「オスモキシロン・リネアレ」「サンゴノボタン」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」はねせんな 
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-293.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」おすもきしろん・りねあれ 
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-294.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」さんごのぼたん
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-98.html
http://www.keiko-cafe.com/

2017年06月01日

「ベニオチョウチョウウオ」「ミレットシードバタフライフィッシュ」

白、黒、黄色のお魚のご紹介。
「ベニオチョウチョウウオ」
「ミレットシードバタフライフィッシュ」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」べにおちょうちょううお
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-381.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」みれっとしーどばたふらいふぃっしゅ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-377.html
http://www.keiko-cafe.com/

バラ「ザンガーハウザーユビレウムスローゼ」「ビバリー」「ドゥフトボルケ」「コンスタンツェ モーツァルト」

ドイツ作出のバラのご紹介。

「ザンガーハウザーユビレウムスローゼ」
「ビバリー」「ドゥフトボルケ」
「コンスタンツェ モーツァルト」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら(ざんがーはうざーゆびれうむすろーぜ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka38.html
ばら(びばりー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka39.html
ばら(どぅふとぼるけ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka40.html
ばら(こんすたんつぇ もーつぁると)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka41.html
http://www.keiko-cafe.com/