2018年06月18日

1粒の種子から大きく復活した桜(北海道 松前公園 桜「幸福」)

2018年5月、訪れた北海道 松前公園に「幸福」と
名付けられた桜の木がありました。
それはけいこかふぇでも紹介したけれど
その木に添えられていた解説板には
とても心あたたまるお話が書かれていたので、ご紹介したいと思います。
そちらによると松前町の法幢(ほうどう)寺にあった来歴不詳の桜が、
老齢で衰弱していたことから 昭和35(1965)年、
地元の松前町桜保存子ども会は品種の保存目的で
種子を5粒採取したところ、
そのうちの1粒が生き抜いて見事に成長していき
こどもたちは昭和55(1980)年5月5日に
その木に「幸福」と名付けたのだそうです。

枯れて息絶えてしまいそうな木の中にも、
素晴らしい可能性を秘めた生命力がある。
それは人間も同じなのだと思う。きっと。
病気のこどもたちとこの桜「幸福」の姿が重なって見えたのでした。

詳しくはこちらに書きました。


Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考えるこどもの生
「1粒の種子から大きく復活した桜「幸福」
(北海道 松前公園)」
http://www.lana-peace.com/1/1-3-004.html

ユーラシアカワウソ

東京 井の頭公園の動物園にいたユーラシアカワウソ。
かわいいけれど、案外鋭い歯でびっくり!

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」ゆーらしあかわうそ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/e-kawauso2.html
http://www.keiko-cafe.com
posted by Lana-Peace at 00:04| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2018年06月17日

希望を育てていった母

お子さんの病気がとても重くて
「うちの病院よりもっと大きいところに行きましょう」って
入院中の病院側から転院を勧められることもあります。
特に症状が急に悪化している時は
そう聞いただけでもう心臓はドキドキなのに
新しい病院にたどり着いたら
いろいろ検査を受けるうちに
「今後のこと考えて、もっと大きいところに行きましょう」って
もう一つ別の病院へ行くことになった、という場合もあります。
急な症状の展開、追いつかない心。
信頼を築きあげるにはあまりにも短すぎる時間。
そんな中で、親御さんはいろいろな選択を迫られることになります。
不安ばかりが募って、自分の選択がこれで良いのだろうかと
自信を持てなくなってしまいます。
あるお母様、まさに不安に押しつぶされそうだったけれども
新しい大きな治療に取り組むことを決断したことをきっかけに
心を切り替えていったそうです。
不安を希望に変えようと思ったのだそうです。
すごい底力のある方だなあ……そう思いました。

不安、それは決して悪いわけじゃない。
人間の自然な心の成り行き。
でも不安に駆られることによって
気持ちはどんどん二次的に悪い方向へと
引きずられてしまうことって多いのです。
それが自分を更に苦しめることになる。

そういう状態の中で。僅かでも希望を見出せるようになると
自分の気持ちが変わっていけます。
希望、そこに寄せる期待が
自分自身の視線、それは自分の周りを取り巻くあらゆるものへの
視線を変えてくれるのです。
そのお母様は「希望を育てていく」そうおっしゃっていました。


新しい治療きっとうまくいく。
不安で押しつぶされそうな苦しみの中から
希望を見出し、育てて行こうと決めたお母様。
人間が動物と違うところはそういうところなんだと思う。

動物だってもちろん
嬉しいとか、悲しいとかそういう感情はあるだろう。
怒った、そして悔しくなった、そういう同じ系列の発展的な感情もあるだろう。
でも一次的な感情から化学反応的な思考を起こして
全く別方向の新たな二次的な感情を作り出すこと。
それができるのが人間なのだと思う。
でも決してそれはたやすいことではない。
だけどそれができる人はどんな苦境も
しっかりと地に足をつけて乗り越えていけるんだと思う。

そんなママの存在はお子さんに
何にも代え難い心強さを与えてくれるのだと思う。

新しい治療、きっとうまくいく!
元気になろうね。

2018年06月15日

1万数千年前に生きた赤ちゃんのお骨

東京 上野の国立科学博物館に
1万数千年前に生きた赤ちゃんのお骨がありました。

沖縄県 久米島の下地原洞穴遺跡から出土したこの赤ちゃんのお骨は
50cmもの粘土層の上に大理石の一種、トラバーチンに覆われていたそうです。
トラバーチンが土壌の酸性を中和して赤ちゃんのお骨が
残りやすかったとか、その場所が土地開発によって
破壊されることがなかったといった環境因子もありますが、
それを差し引いてもこの赤ちゃんはすごい。
小さな赤ちゃんの秘めていた壮大な力を感じずにはいられません。

詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考えるこどもの生
「1万数千年前に生きた赤ちゃんのお骨」
(沖縄・下地原洞穴遺跡出土・国立科学博物館所蔵)
http://www.lana-peace.com/1/1-3-003.html

大松前川と水道の桜

北海道 松前城の東側には北から海に向かって
大松前川が流れています。
お城の天神坂門に通じる天神坂のふもと、
大松前川にてこんな桜を見つけました。

DSC03300.JPG

花緑青の筒は平成18年7月にNTT東日本が設置した松前専用橋。
こげ茶色の筒は水道のようです。

DSC03299.JPG


DSC03294.JPG


DSC03293.JPG
posted by Lana-Peace at 00:12| □ アート いろいろ (街の中)

北海道 松前の5月の桜 5(細雪、白絹、花都、富貴(ふうき)、紅紫、北鵬(ほくほう)、松前紅薄染、八重寿、蘭蘭)

北海道 松前公園の5月の桜です。
細雪、白絹、花都、富貴(ふうき)、紅紫、
北鵬(ほくほう)、松前紅薄染、八重寿、蘭蘭です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」さくら(ささめゆき)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18047.html
さくら(しらぎぬ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18048.html
さくら(はなみやこ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18049.html
さくら(ふうき)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18050.html
さくら(べにむらさき)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18051.html
さくら(ほくほう)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18052.html
さくら(まつまえべにうすぞめ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18053.html
さくら(やえことぶき)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18054.html
さくら(らんらん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18055.html
http://www.keiko-cafe.com
posted by Lana-Peace at 00:12| ◎ お散歩気分:花・植物・木

2018年06月14日

桜 松前育成品種「麻美(あさみ)」の命名由来

北海道の松前公園の桜は数えきれないほどの数ですが
中にはいくつか説明書きの看板が添えられているものがあります。
その中に、とてもジーンとするようなお話が書かれているものがありました。
桜「麻美」です。

その看板によると、かつて松前桜保存子ども会で人一倍熱心に
桜の世話をしていた少年がいました。
成長した彼は漁師になりましたが、
昭和62年、オホーツク海での船の衝突事故に遭い
20代の若さで他界されたそうです。
そしてその年、松前育成品種(松前生まれの桜)の中に
まだ名前が付けられていなかったものがありました。
当時、松前生まれの桜に取り組んでいた浅利政俊氏は
遺された家族妻子4名がしっかり生きて行けるようにと願い
未命名の桜にその方の愛娘のお名前を頂戴したのだそうです。

DSC02928.JPG

その桜「麻美」は雨の中、実に美しく、立派に咲き誇って
枝を伸ばしていました。
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18039.html

たくさんの数の桜の中に
いろいろな思いと歴史が詰まっている……
見上げた桜を見て、しみじみそう思いました。

桜「麻美」はこれからもずっとこの地で何年もの間
長きにわたり、咲いて、散って、また芽吹いて、咲いてを
繰り返していくんだろうなあ。
亡くなった男性の思いと
そしてそのご遺族をいたわり、励ます浅利氏の思いは
そうしてずっと続いていくんだなあ。
桜「麻美」と共に。
posted by Lana-Peace at 08:31| □ アート いろいろ (街の中)

北海道 松前の5月の桜 4(愛染(あいせん)、麻美、新珠、潮陵(ちょうりょう)、歓歓、紅華(こうか)、幸福、紅北(こうほく)桜、琴糸)

北海道 松前公園の5月の桜です。
愛染(あいせん)、麻美、新珠、潮陵(ちょうりょう)、
歓歓、紅華(こうか)、幸福、紅北(こうほく)桜、琴糸です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」さくら(あいせん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18038.html
さくら(あさみ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18039.html
さくら(あらたま)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18040.html
さくら(ちょうりょう)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18041.html
さくら(かんかん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18042.html
さくら(こうか)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18043.html
さくら(こうふく)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18044.html
さくら(こうほくざくら)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18045.html
さくら(こといと)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18046.html
http://www.keiko-cafe.com/asobo/
http://www.keiko-cafe.com
posted by Lana-Peace at 07:51| ◎ お散歩気分:花・植物・木

2018年06月13日

丸に割菱の家紋の壁(北海道 松前郵便局)

北海道 松前郵便局の外壁には
松前藩藩主の蠣崎(かきざき)氏/松前氏の家紋
丸に割菱が掲げられていました。

DSC02664.JPG


DSC02663.JPG

シンプルだけど壁と庇と入口看板の字を変えると
趣きが随分和風の感じに変わります。

近くの松前城に雰囲気も似ていて。
DSC02704.JPG
posted by Lana-Peace at 10:42| □ アート いろいろ (街の中)

北海道 松前の5月の桜 3(手弱女、滝匂、虎の尾、平野神社妹背、平野突羽根、福桜、福禄寿、普賢象、蓬莱山、細川匂、ボンド桜、八重紫桜、八千代)

北海道 松前公園の5月の桜です。

手弱女、滝匂、虎の尾、平野神社妹背、平野突羽根、
福桜、福禄寿、普賢象、蓬莱山、細川匂、
ボンド桜、八重紫桜、八千代です。

「ボンド桜」は初めて見た桜だったけれど
平成5年2月、松前桜を希望して、送られた桜を
接ぎ木、繁殖し、ヨーロッパに広めた
イギリスのボンド氏(Mr. John D. Bond)から名付けられたものだそうです。



病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」さくら(たおやめ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18025.html
さくら(たきにおい)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18026.html
さくら(とらのお)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18027.html
さくら(ひらのじんじゃいもせ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18028.html
さくら(ひらのつくばね)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18029.html
さくら(ふくざくら)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18030.html
さくら(ふくろくじゅ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18031.html
さくら(ふげんぞう)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18032.html
さくら(ほうらいさん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18033.html
さくら(ほそかわにおい)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18034.html
さくら(ぼんどざくら)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18035.html
さくら(やえむらさきざくら)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18036.html
さくら(やちよ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/sakura/sakura-matsumae18037.html
http://www.keiko-cafe.com/asobo/
http://www.keiko-cafe.com
posted by Lana-Peace at 10:24| ◎ お散歩気分:花・植物・木