2017年06月23日

「片輪車双鳥鏡」「片輪車螺鈿蒔絵手箱 模造」「片輪車螺鈿手箱 模造」

サントリー美術館(東京・赤坂)の
「神の宝の玉手箱」より
印象的だったものをご紹介。

レモンの輪切りのような文様は
片輪車(かたわぐるま)文。
そのいわれは牛車の車輪を乾燥から防ぐため
川に浸していた風景を意匠化とのこと。
「片輪車双鳥鏡」(※1)は12世紀の作品です。

京都国立博物館のHPに収載されています。
http://syuweb.kyohaku.go.jp/ibmuseum_public/index.php?app=shiryo&mode=detail&data_id=17434

日常のありふれた生活風景の中から
その場面を切り取って美術品に用いる意匠に仕立て上げるって
昔の人は実にすばらしい感性と才能を持っていたんだなあと
しみじみ思う作品でした。

そして片輪車の手箱は明治時代、小川松民氏によって
螺鈿の手箱として模造再現されています。
模造と言ってもその詳細を忠実に再現できる
表現力と技術力の高さは素晴らしいですね!

「片輪車螺鈿蒔絵手箱 模造」(※2)には、
波間に浮かぶ車輪の文様、
一部が螺鈿で再現されています。

東京国立博物館HPに収載されています。
http://image.tnm.jp/image/1024/C0035118.jpg

そしてこちらの小川氏のもう1つの作品
「片輪車螺鈿手箱 模造」(※3)は
車輪の線描の部分が螺鈿で再現されていました。

何百年もの意匠を再現できる力って本当にすごいですね。


※1
------*------*------*------*------*------
片輪車双鳥鏡
一面
平安〜鎌倉時代 12世紀
京都国立博物館蔵
サントリー美術館(東京・赤坂)
「神の宝の玉手箱」出展品
------*------*------*------*------*------

※2
------*------*------*------*------*------
片輪車螺鈿蒔絵手箱 模造
一合
明治11年頃(1878)
小川松民 作
東京国立博物館蔵
サントリー美術館(東京・赤坂)
「神の宝の玉手箱」出展品
------*------*------*------*------*------

※3
------*------*------*------*------*------
片輪車螺鈿手箱 模造
一合
明治13年(1880)
小川松民 作
東京国立博物館蔵
サントリー美術館(東京・赤坂)
「神の宝の玉手箱」出展品
------*------*------*------*------*------

「二重亀甲有字紋散蒔絵角赤手箱」

サントリー美術館(東京・赤坂)の
「神の宝の玉手箱」より
印象的だったものをご紹介。

蒔絵の箱には六角形の中に有の文様が。
出雲大社の神紋として用いる亀甲文は
大社の祭神オオクニヌシノカミの恵みが
六方にあまねく広まるという意味なのだそうです。

シンプルな文様でも深い意味が込められているのですね。

そして箱の上蓋の側面と、
下箱の側面端の隅にハートの文様。
黒い箱に赤い文様が実にビビッドできれいです。

------*------*------*------*------*------
二重亀甲有字紋散蒔絵角赤手箱および内容品
一具 
江戸時代  18世紀
出雲大社蔵(島根)
サントリー美術館(東京・赤坂)
「神の宝の玉手箱」出展品
------*------*------*------*------*------

鼠草子絵巻 第五巻

サントリー美術館(東京・赤坂)の
「神の宝の玉手箱」より
印象的だったものをご紹介。


「鼠草子絵巻」は、人間の女性と結婚した主人公の鼠の物語。
夫が鼠であることを知った妻は
夫を残して立ち去ってしまったのでした。
展示されていたのは、妻なき後、
途方に暮れる鼠主人公の様子が描かれていた場面。

右ひざを立てて座り、右手を額の前に持って行って
「まいったな…」と途方に暮れる様子。
鼠の悲哀が実にリアルに感じられる絵巻です。
黒の烏帽子に水色と白の着物、臙脂色の狩衣を
着ている鼠の権頭(ごんのかみ)。
手先や首の傾げ方とか、軽妙です。

絵巻のそのページはサントリー美術館の
ツイッターにも登場します。
https://pbs.twimg.com/media/DBhVa3cUIAAYbrJ.jpg:large

ウイットに富んで、
そして細かく丁寧に描かれた絵。
どなたが制作されたのだろう…?

気になる、気になる作品でした。

------*------*------*------*------*------
鼠草子絵巻 第五巻
五巻のうち一巻
室町〜桃山時代 16世紀
サントリー美術館蔵
サントリー美術館(東京・赤坂)
「神の宝の玉手箱」出展品
------*------*------*------*------*------

アジサイ「ハッピーフレンド」「ジューンブライド」「未来」

6月中旬訪れたとしまえんのあじさい園(東京 練馬)は
一面にあじさいが咲並ぶ丘があって
とってもきれいでした。
こんなにたくさん種類があるんだなあーって
びっくりです。

としまえんのあじさいたち。
これから少しずつ毎日ご紹介したいと思います!

今日は日本作出のアジサイ
「ハッピーフレンド」「ジューンブライド」「未来」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あじさい(はっぴーふれんど)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen1.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あじさい(じゅーんぶらいど)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen2.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あじさい(みらい)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-toshimaen3.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 07:44| ◎ お散歩気分:花・植物・木

「テングダイ」「ポークフィシュ

縞模様のきれいなお魚のご紹介。
テングダイとポークフィッシュです。
気持ちよさそうに泳いでいたよ。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」てんぐだい
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-382.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」ぽーくふぃっしゅ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-383.html
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/kuruma-78.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 07:39| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2017年06月22日

梅の花に託された弔いと故人への思い ―「瑞花双鳳五花鏡・梅花文鏡筥」(船橋市郷土資料館蔵)

先日、東京 赤坂 サントリー美術館で
開館10周年を記念して開催されていた
「神の宝の玉手箱」に行ってみました。

DSC08947.JPG


その中に千葉県船橋市の印内台遺跡群から発掘された
「瑞花双鳳五花鏡・梅花文鏡筥」が展示されていました。

平安時代の土坑墓に埋納されていたそうですが
実に見事なもので驚きました。
また、筥に納められた形で出土する鏡は
とても珍しいそうです。

梅の文様があしらわれた鏡と鏡筥。
そこには亡くなった方への弔いの気持ちや
永遠の再生を願う気持ちが
込められているようでした。

詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考えるグリーフケア
「瑞花双鳳五花鏡・梅花文鏡筥(船橋市郷土資料館蔵)」
http://www.lana-peace.com/2/2-4-029.html
posted by Lana-Peace at 18:42| ☆ 歴史から考えるグリーフケア

トーイング・トラクター

飛行機がバックする時に大活躍する
トーイング・トラクターのご紹介。
1台でなんと400馬力もあるそうです!

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(りく)」
とーいんぐ・とらくたー
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/kuruma-78.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 08:21| ◎ お散歩気分:乗り物

バラ「ロサ ガリカ オフィキナーリス」「ロサ ガリカ ウェルシコロール(ロサムンディ)」「アルバ マキシマ」「ヒュームズ ブラッシュ ティー センテッドチャイナ」「マダム ルグラ ドゥ サンジェルマン」

昨日に引き続き、今日も
昔、昔に生まれたバラのご紹介。

「ロサ ガリカ オフィキナーリス」
「ロサ ガリカ ウェルシコロール(ロサムンディ)」
「アルバ マキシマ」
「ヒュームズ ブラッシュ ティー センテッドチャイナ」
「マダム ルグラ ドゥ サンジェルマン」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
ばら(ろさ がりか おふぃきなーりす)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka146.html
ばら(ろさ がりか うぇるしころーる(ろさむんでぃ))
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka147.html
ばら(あるば まきしま)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka148.html
ばら(ひゅーむず ぶらっしゅ てぃー せんてっどちゃいな)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka149.html
ばら(まだむ るぐら どぅ さんじぇるまん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka150.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 08:19| ◎ お散歩気分:花・植物・木

2017年06月21日

日光を求めて伸び行くゆりの姿 ―ところざわのゆり園から考える

2017年6月中旬、埼玉県所沢市にある「ところざわのゆり園」に
行ってみました。敷地面積約3万平方メートルに約45万株もの
ゆりが植えられているそうです。
日陰近くのゆりたちは、
一斉に太陽の方向に向かって咲いていました。
何だかその姿は健気だし、
そしていろんなことを教えてくれるようでした。

詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
病気と一緒に生きていくこと
「日光を求めて伸び行くゆりの姿」
http://www.lana-peace.com/1/1-1-099.html
posted by Lana-Peace at 12:07| ◎ 病気と生きるこどものために

フンボルトペンギン

水族館でよく見かけるフンボルトペンギン。
その様子はほんとにかわいいよ。
今日は食事したり、ひなたぼっこしたり、仲間と一緒に遊ぶ
フンボルトペンギンのご紹介。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」ふんぼるとぺんぎん(しょくじ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-287.html
「いっしょにあそぼ とり」ふんぼるとぺんぎん(ひなたぼっこ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-288.html
「いっしょにあそぼ とり」ふんぼるとぺんぎん(なかよし)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-291.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 11:30| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫